先にお伝えしていた eBay で購入の OUTWET HEART BEAT Series HCLP1 (心拍計が取り付けられるアンダーウェア) が先週金曜日に届いたので翌日さっそく 42km 使ってみました。

OUTWET HEART BEAT Series HCLP1


測定結果

心拍計は13km地点でDNF(^_^;)

心拍計は13km地点でDNF(^_^;)

ん~、、、私の使用環境 (ランニング、特に変わったことはしていない :ase: ) では不安定すぎて使い物になりませんでした。

ネットでの評判どおりでしたね。

一例として胸ストラップを使って心拍数が正しく測定できている場合はこうなります。

(例)心拍数が正確に測定できている場合

一回のエラーで結論を出してはイケないと思い先ほど再度着用、10km ほど測定してみましたが

やはり途中からエラー

やはり途中からエラー。。。イタリアの方には申し訳ないですが、Made in Italy の OUTWET HEART BEAT Series HCLP1、こりゃダメですね。


OUTWET HEART BEAT Series HCLP1

First-Class Package Internationalで10日ほどで到着

First-Class Package Internationalで10日ほどで到着

厚みの関係でしょうか、パッケージから出した状態で送られてきました

厚みの関係でしょうか、パッケージから出した状態で送られてきました

心拍計はウェアの裏に内側向きに取り付ける

心拍計はウェアの裏に内側向きに取り付ける

Carbon 1%、プラシーボ効果少なめ(笑)

Carbon 1%、プラシーボ効果少なめ(笑)

  • あくまで推測でしかありませんが、電極が汗で盛大に濡れてしまうとエラーになってしまうのかなと思います (使い物にならないじゃん :ase: ) 測定不能になっているのがちょうど汗が流れ始めたあたりなんですよね。
  • 胸部の圧迫感はソフトストラップとたいして変わらないのでそれならソフトストラップでいいじゃんという感じです。アドバンテージは「ずり落ちない」ということだけ。。。もっとも、胸ソフトストラップも胸部両サイド (わきの下の下あたり) をキネシオテープで留めてしまえばずり落ちないのでアドバンテージなんて無いに等しい。
  • 汗冷え防止のアンダーウェアとしての役目は果たしますが、それなら OUTWET SLP1 CARBON のほうがいいですね。着心地はいいし、軽量だし、Carbon 15% でプラシーボ効果も 15 倍 ::-D:
    結構気に入っています。

    OUTWET SLP1 CARBON

    OUTWET SLP1 CARBON

    プラシーボ効果 ::-D: ↓ 、、、どこまでホントか

    炭素繊維「resistex CARBON」を15%採用した新型LP1は、失われた電解質を補うべく身体の電荷量を調整して回復効率向上を狙う。via: 758 SESSIONS -DESIGN YOUR OWN RIDE -OUTWET SLP1 CARBON

  • eBay で送料含め $68.95、買った時は 1 ドル 122 円台だったかな。国内だと 12,000(税抜) なのでこういった関係のものを購入するときには eBay にも立ち寄ってみる価値はありそうです。

    出品者は Cento Cycling というアメリカの Bike 関連の通販会社で連絡・発送ともに何ら問題なしでした。

    eBay の Cento Cycling (ショップページ)
    » cento100cycling on eBay

  • Garmin の HRM-Run (心拍数のほかにピッチ・上下動・接地時間のデータ測定ができるセンサー) は左右反転 (水平方向に反転) させても問題なく動作しました。上下に反転させると動作しませんのでお気をつけあれ。何回かストラップに上下逆さに付けたことがありますσ(^^;)


とまぁ、残念なご報告でした :poripori: