「クリッパ」 (Clipa) はナント耐荷重 21 kg というバッグハンガーです。
硬派なアイテムなので直径 7cm、重さ 60g とちょっと大きめ重めであります。

耐荷重21kgのバッグハンガー「クリッパ」(Clipa)

耐荷重21kgのバッグハンガー「クリッパ」(Clipa)


21kg といったら 10kg のお米二袋とプラス 1kg のお米ですよ、奥さん。
アメリカだと肉を引き合いに出して「20kg の肉塊と 1kg のミンチだぜベイベー」とでも言うのかしらんw

その作りはいたってシンプル。

リング状のハンガーを開いて、かたやテーブル・手すり・リングなどに引っかけ、そなたバッグ・ケースなどを引っかけるという「どこからでもかかってこい !!」

待ったなしのバッグハンガーです。

さっそくテスト

まず最初は一眼ボディと重めのズームレンズ 2 本が入ったカメラバッグ、重さ 3.75kg。です。
耐荷重 21kg のクリッパにとっては羽毛が引っかかった程度ですね。

当然楽勝。

次にカメラバッグ (上の写真のバッグ) をそのまま自重が 5.4kg あるリモワの中に入れて総重量 8.15kg を Clipa に引っかけてみました。

  

これまたまったく問題なし。

これ以上は引っかける気も撮影する気もなくなりましたので割愛させていただきますが、私にとっては必要にして十分。

とにかく荷物を床に置くのが大嫌いなんです、私。
個人的にはクルマのなかや床が汚いお店、海外旅行先などで役に立つのではないかと思っています。ふたり分の荷物が掛けられそうですよね。

オフィシャルサイトを見るとブレスレットがわりに手首に 3 本はめちゃっている写真などがあり「そりゃ誰もやらんだろ :ase: 」って感じですが、携行方法としてはおおいにアリでしょうか。
助手の頃、つねに手首にはめていたパーマセルテープ、ガムテープより果てしなくオシャレでありますwww

パソコンやデジタルカメラ、バッテリーなどなどデジタル関連のもので重さが増しているバッグを引っかけるには普通のバッグハンガーじゃ太刀打ちできませんもんね。

2015.1.9 追記:
最近、新幹線のデッキに 20 分ほど乗ることが多いのですがご覧のように結構重いパックパックを 2 つ掛けてもダイジョウブです。

新幹線のデッキにある手すりにかけてみた

新幹線のデッキにある手すりにかけてみた

GregoryのBALTORO65を掛けてもヘッチャラ

GregoryのBALTORO65を掛けてもヘッチャラ


Clipa 本国オフィシャルサイト


本国だと 15 種類あるようですが、楽天で検索したところ日本で手にはいるのは 5 種類。
価格は本国だと$19.99、楽天だと申し合わせたかのように 3,000円(税別・送料別) でした。


p.s. フォーマルな装いの時に使えるバッグハンガー購入記はこちら。

関連記事へ
外食するとき手荷物の置き場に困ることってありませんか? 背もたれのある椅子でバッグを引っかけられる形状であればなんら問題はありませんが、背もたれの上部が円…

2015.10.1 追記:
The Qliplet: カラビナ+フックの合体バッグハンガー

関連記事へ
IndieGoGoにいろいろなシーンで活躍しそうな「The Qliplet」という名のバッグハンガー (というよりもカラビナ + フックの合体ギアかな) が出資…

2016.2.10 追記:
The Qliplet が届きました。

関連記事へ
IndieGoGoで Backer になっていた商品「The Qliplet」がやっと手元に届きました。 予定では昨年 12 月中旬に届く…

2016.3.17 追記:
Qliplet の通販サイトが立ち上がっていました (購入は個人輸入です)

関連記事へ
IndieGoGoで Backer になって手に入れた商品「The Qliplet」がネットで注文できるようになっていました。 なかなか便利な…
この投稿の短縮リンク: