IndieGoGo で Backer になっていた商品「The Qliplet」がやっと手元に届きました。

3個セットのFamily Packに出資

3個セットのFamily Packに出資

バッグハンガーというよりもカラビナとフックの複合体

バッグハンガーというよりもカラビナとフックの複合体


予定では昨年 12 月中旬に届くはずでしたが、生産は某国なので出荷できるまでいろいろとあったようです。ずいぶん遅れた到着となりました。

送料入れて 3 個 7,000 円ぐらいの商品に出資して発送遅延に「おい、おい、どうなってんだよ」と思ってしまう私は Backer に向いてないかな(苦笑)

関連記事へ
go to this post
IndieGoGoにいろいろなシーンで活躍しそうな「The Qliplet」という名のバッグハンガー (というよりもカラビナ + フックの合体ギアかな) が出資…


バッグハンガー耐荷重対決

まだ実際に Qliplet に重量物を引っ掛けていないので何とも言えませんが、耐荷重で比較するなら Clipa しかないでしょう。

Qliplet (左) と Clipa (右)

Qliplet (左) と Clipa (右)

関連記事へ
go to this post
「クリッパ」 (Clipa) はナント耐荷重 21 kg というバッグハンガーです。 硬派なアイテムなので直径 7cm、重さ 60g とちょっと大きめ重めであ…

公称耐荷重は Qliplet22.6796kg (50lbs)Clipa21kg、いい勝負です。

製品自体の重量は Qliplet57gClipa60g、こちらもいい勝負。

大きな違いは上の写真でもわかるようにフォルムです。
Clipa はすべてをそぎ落としたただ単に引っ掛けるもの、それに対し Qliplet はいろいろなシーンで使えるようにデザインされています。

個人的にはどちらもアリだと思いますが、Qliplet が勝っている点は、より分厚いテーブル天板に引っ掛けることができるところ。

約85mm

Qliplet – 約85mm
滑る天板だとこのカタチでの使い方はどうかなぁ、、、って感じもしますが

約65mm

Clipa – 約65mm

Clipa を使っている人はわかると思いますが、この約 20mm の差が「掛けられる or られない」を左右するのです。

これまで「あっ、もうちょっと開けば。。。 :down: orz」とずいぶん悔しい思いを幾度となくしてきましたのでこれからはバンバン掛けまくってやるぞぉ(願望)

。。。まっ、剛性・耐久性はこれから検証ということで。


Photo

こんな薄いテーブル天板、チョロいチョロい。どこからでもかかってきなさい

こんな薄いテーブル天板、チョロいチョロい
どこからでもかかってきなさい

山と道のTHREEに取り付けてみた

山と道*1 のTHREEに取り付けてみた

先日、別府大分毎日マラソンに参加した時、大分駅そばの太田旗店で購入したバッグに取り付けてみた

先日、別府大分毎日マラソンに参加した時
大分駅そばの太田旗店*2 で購入したバッグに取り付けてみた


気が向いたら写真を追加していく予定です。

*1 山と道
山と道 ONLINESHOP 
THREE – 山と道 ONLINESHOP 

こちらの UL (ウルトラライト) なバックパックはホントにイイです。
THREE と MINI を使っていますが、買って後悔することはありません。
激しくオススメ。

ネット上、関連する記事:
【自腹インプレ】これぞメイド・イン・ジャパンのULザック。山と道 Three – geared【ギアード】 

*2 太田旗店
創業慶応二年 株式会社太田旗店|旗・のぼり・染色製品のオリジナル製作 
太田旗店オンラインストア 

別府大分毎日マラソンに参加・観戦の時にぜひお立ち寄りください。
別にマラソンじゃなくてもいいですね :ase:

2016.3.16 追記:
Qliplet は現在オフィシャルサイトから購入できるようになっているようです。