昨日、北九州にあるカルスト台地、平尾台で行われた 平尾台トレイルランニングレース (ショートコース 17km) 2019 に参加してきました。


鼠径ヘルニアの手術後、約 3 週間経過してのトレランということになるので出ようかどうしようか前日まで迷いましたが、ロードでの練習は再開できているので大丈夫だろうという判断のもと、今シーズン最後、平成最後のレースということで参加に踏み切りました。

結果は無事完走。

4位じゃないよ、4●位(笑)

お土産は大腿部の筋肉痛です。
ちなみに一回派手にすっころびましたが創部が開いちゃったとかはありませんでした(^_^;)

昨年も同大会に参加していますが、悪天候のため 15km に短縮、コースもロード主体となったので正式なコースを走ったのは初めて(試走でほぼ同じコースを走ったことはあり)、「ロング 40km 行けるか?」 と言ったら、当たり前ですが「練習しないとムリ」かな。

関連記事へ
go to this post
【超遅報】先週の日曜日(4/15) 北九州にあるカルスト台地、平尾台で開催された「平尾台トレイルランニングレース」に参加してきました。 平尾台 -…

まぁ、どうにか練習じゃなくてレースで走れるようになってよかったです。


Relive

計測値はスタート時に Garmin 操作を間違ってしまったので参考程度


3 週間後ぐらいに走れるようになるんですから鼠径ヘルニアの手術を躊躇している方はチャッチャとやってしまったほうがいいと思います、放っておいても良くはなりませんから。


RUNNET – ランナーの知恵袋より

お題: そけいヘルニア手術後の回復

そけいヘルニア手術後の回復 


ソケイヘルニアの手術はヘルニアが出てこないようにするためのメッシュを入れて固定するのですが、この固定が甘いと再発することがあります。いかに固定できるかについては実際に手術してみないとわからないところで、さらにこの固定は術者の腕にかかっています。
大体メッシュが生着するには2週間前後かかると思われますので、軽いジョグ程度から始めて徐々に馴らしていくのがよいと思います。via: そけいヘルニア手術後の回復 


この先、なんらかの大会にエントリーしない限りレースに出ることはない状態になりました。

このまま終わってしまっては結末が何ともつまらないラン歴になってしまうので気持ちは「もう一度ガチでやるぞ」なんですが、結構時間とエネルギーつかうんですよね、ランニング。

あっ、さっき横浜マラソン、エントリーしました。
下関海響もエントリー予定なので、横浜当選しちゃったら 2 週連続フルです、あははは(^◇^;)