レンズをガラスに密着させる

夜景に限ったことではないですが、ガラス越しに外の風景を撮るときには左図のようにレンズ自体をガラスにピッタリと密着させて撮ります。
レンズをガラスから離して撮影するとガラス自体がハーフミラーのような状態になりガラスに映り込んでいるもの(反射しているもの) が撮影したい外の風景にかぶってきてしまいクリアな写真が撮れません(わざと映り込みのあるガラスを撮影して雰囲気を出す写真は別です)

また、レンズをガラスに密着させることで多少ガラスが汚れていたとしてもピントの合う範囲から大きくずれているため汚れは目立たなくなります。金網越しに撮影するとき、金網に近づけば近づくほど金網が気にならなくなるという現象と一緒です(絞りは極端に絞り込まないように注意)

でも撮りたい風景が常にガラスに対して正対しているとは限りませんね。
斜めの方向にある風景(モノ)を撮りたくなるときもあります :camera:

斜めに撮る場合は、、、

ガラスに対してカメラを斜めに構えると左図のような状況となり、何もせず撮影すると A のところに存在しているものがガラスに映り込んで外の風景にかぶってきます。
特に、屋外が暗くて屋内が明るい時(照度差が極端な時)にはガラスが鏡に近い状態になりますのでその影響をもろに受けます。

さてどうしましょう。。。


  • Level もってのほか :ase:
    ストロボ(フラッシュ) は使わないようにしましょう。
  • Level 1
    まず、部屋の照明をすべて消します。エキスパートになると電気が点いていようが懐中電灯で照らされようがそんなことに左右されないセッティングができますが、そこまで持って行くには時間も掛かりますし、リゾートのチョイの間撮影にはちょっと荷が重すぎますね(笑)
    ちなみに照明を消すだけでもかなり効果があります。ただし、A のところに白いシャツを着た人がボーッっと立ってたりすると外から入ってくる光がシャツに反射しそれがガラスに映り込むので気をつけてください。
  • Level 2
    必ず1着、黒い衣類を持って行こう(笑)

    A の部分の映り込みを光りを反射しない黒い布などを使ってレンズのすぐそばで遮断してしまいましょう。コンパクトデジタルカメラの場合はレンズが小さいので黒い毛糸の手袋をはめてレンズとレンズ直前にあるガラスをすっぽり覆ってしまうと簡単です。
    一眼の場合はどうするかというと、黒いモノなら脱いででも使え !!
    今回、私は黒い短パンを脱いでガラスに貼り付けました(笑)
    カメラを下に向けた場合はレンズの下側もきっちり覆ってくださいね。


夜景の撮影に関しては下記の投稿でも触れています。よろしければご覧下さい。
天敵のイカを捕まえる漁船のいさり火で夜景を撮る

香港レポは折り返し地点通過だ :cat:

この投稿の短縮リンク: