当ブログにたまに載せている製品の サイズ情報 にも繋がるので載せておきます。

昨日、下記のランシャツを購入しようとした私。

patagonia エアチェイサー・シャツ


オフィシャルサイトの 製品ページ  上にある「私のサイズは?」で確認したところ S サイズをおすすめされました。


ですが、一昨年「ウィンドチェイサー・シャツ」という、名前からして同じようなタイプのスリーブレスシャツ (タンクトップ) を購入していましてそのシャツのサイズは XS がジャストフィットでした。

patagonia ウィンドチェイサー・シャツ


今回購入しようと思った冒頭のエアチェイサー・シャツも同じスリムフィットタイプのシャツなので XS がいいのではないかと思ったのですが、「サイズ S がお客様に合う確率は 84% です。」と言われてしまっては、自信を持って XS に行けません。

そこで「わからないことは聞いてしまえ」と、パタゴニア:カスタマーサービス  のページからサイズに関して質問してみました。

。。。ページ上にも

お探しの製品が見つからない場合や、製品の使用方法・サイズ・メンテナンス等についてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

と書かれています。


で、今日その回答が送られてきたのですが、もう完璧!!

引用しても差し支えないと思いますので一部引用させていただくと

・上半身が全体的に細身の場合、細身のシルエットがお好みの場合【Sサイズ】
・肩幅などがしっかりしている場合【Mサイズ】
昨年展開しておりました、「ウィンドチェイサー・スリーブレス(製品番号23380)」
のXSサイズをお持ちとのことでございますが、
スリーブレス(タンクトップ)タイプは腕周りが大きく解放している為、おそらくXSサイズ
がご体格に合っているのかとお察しいたします。
ただ、今回ご検討いただいていておりますエアチェイサー・シャツは袖付の為、
肩周りはスリーブレスタイプと着用感は異なるかと存じます。
また、身幅につきましても、お手元のウィンドチェイサーの方がエアチェイサーシャツよりも
大きめの作りになっております。
その為、エアチェイサーのXSサイズは肩周りや身幅など少しタイトに感じられるかと思います。

ナルホド!!


さらに WEB の製品ページ上には載っていない 平置きの実寸値 まで教えてくれました。

■ウィンドチェイサー・スリーブレス(製品番号23380)
XSサイズ
身幅:44
着丈:67
■メンズ・エアチェイサー・シャツ (製品番号:23440)
XSサイズ
身幅:36
着丈:67
裄丈:43

Sサイズ
身幅:37
着丈:70
裄丈:44

Mサイズ
身幅:41
着丈:72
裄丈:45

スバラシイ!!


サイズの質問を送信したあと同じことを感じていた

実は質問を送信したあと、一昨年購入したウィンドチェイサー・シャツ (スリーブレス) の袖アリ (同じくXS サイズ) も持っていることを思い出し

patagonia ウィンドチェイサー・シャツ

引っ張り出してきて袖ナシと袖アリをとっかえひっかえ着くらべたところ

スリーブレス(タンクトップ)タイプは腕周りが大きく解放している為、おそらくXSサイズ
がご体格に合っているのかとお察しいたします。

ただ、今回ご検討いただいていておりますエアチェイサー・シャツは袖付の為、
肩周りはスリーブレスタイプと着用感は異なるかと存じます。

まさしくコレと同じことようなことを感じたんです。

「いままで同時に着くらべたことはなかったけど同じ XS サイズでも袖ナシと袖アリとではけっこう着用感が違うものだなぁ」と。
同じサイズでも袖アリのほうが窮屈に感じますね。

そのあたりのニュアンスを丁寧に説明してくれた回答は完璧だと思いました。


patagonia カスタマーセンターの担当者様、回答どうもありがとうございました :aisatu:
さっそくサイズ S を注文しました。

「新着エアチェイサー・シャツでさが桜でのシーズンベストを狙います、、、もっとも、大会当日暑かったらウィンドチェイサーのスリーブレスになるとは思いますが」(^_^;)


patagonia つながりということで。

patagonia Peak Mission Tightsはほんとにイイ!!

以前、ラン近況で紹介した patagonia Peak Mission Tights、もうこれでもかと、ヘビーローテーションではいています。

関連記事へ
go to this post
先週の投稿「思わず 3 点全部買ってしまったpatagonia Wind Shield シリーズ」の終わりに書いた patagonia Peak Mission…

もともとタイツははかない人間だったのですが、今冬のトレーニングではそのはきごこちの良さゆえ、常にタイツマン。
大げさかもしれませんが手元からこれが無くなったらおそらくこれから先の冬のランニングをやめてしまいそうな気がしたので先日ストックとしてもう一本、個人輸入に踏み切ってしまいました(一本目は国内patagoniaオフィシャルサイトで購入)

肌ざわり、絶妙なサポート感、足首部分のルーズ感、ゆえにはいたり脱いだりがとても楽、寒くもなく暑くもない保温性を提供しながら汗を吸湿発散する素材、背面にあるジッパー付きポケット(小さいソフトフラスクに入れた水を必ず携帯するので私にとってウェアのどこかにポケットがあることが必須)、などなど個人的には「これ以上のタイツはないでしょ、いま走れているモチベーションはこのタイツにあり」という感じです(大げさ)

もしかしたら再入荷されるかもしれないけど、現時点では国内で見つからないんです。

。。。あと、ついでなので Terrebonne Jogger Pants も買ってみました(^_^;)

。。。さらについでなのでとなりの人は HOKA ONE ONE Clifton 1 (初代Clifton・ナント復刻販売されていた) を 2 足(笑)買いました
いままで 3 足履きつぶすくらい Clifton 1 好き。「復刻されているよ」と言ったら二度と手に入らないかもしれないと思ったのか、迷わず「2 足!!」という決断(^_^;) – ちなみに初代 Clifton 1 は実に HOKA っぽい HOKA です

HOKA ONE ONE Clifton 1、、、ラッキー、セール扱い


と、まぁ、サイズ情報も絡めた買い物ばなしでした。

それでは、よい週末を!!

そろそろ、30km 走やらなきゃですかね、、、イヤだなぁ(^_^;)