一般販売開始日 (7/30) に注文して、翌日届いて使い始めたのですが
。。。二週間ほどで片側の電源が入らなくなりましたヽ( ´ー`)ノ ただいま返品交換中

筐体の材質がよくわかるように大きなサイズの画像も載せておきましょう(3,500 × 2,625)
下の画像をクリックするとブラウザ上にポップアップします。

画像を実寸で拡大する場合はココをクリック してください。

どんな材質かなんとなくわかりますかね。
ティッシュで拭こうものならホコリだらけになる材質です。
フィルム時代だと間違いなく物撮りカメラマン泣かせの材質ですね(笑)
、、、実際泣くのは、ホコリを取り続けなければいけない助手ですけど。いまなら Photoshop のスタンプツールでチョチョイノチョイ、いい時代になったもんだ(遠い目)

見えてる突起部分は電源、音量等のスイッチ部分。
、、、接合部も含めて、これでホントに防水規格 IPX7 なの?って思いました。
、、、まぁ、そうなんでしょうねぇ


購入動機

Garmin でランのログを取り始めてから現在までのランニング走行距離合計はおよそ 30,000km なのですが、実は音楽聴いて (ヘッドホンもしくはイヤホン着けて) 走ったのは 30km 程度。
今までほぼ音無美紀男wで走ってきました。


理由としては耳がふさがれて音が聞こえなかったり、耳の穴に汗がたまったりするのがイヤというのと、自分の足音と呼吸音が聞こえない、もしくは聞こえづらくなるのがイヤというのもありました。

でも、もうガチなランニングからは引退してしまったので近ごろは「自分の足音とか呼吸音なんてどーでもいいじゃん」状態になってしまって、「それよりも走るための燃料だよ、走るための理由作らないとラン続かん、、、ガジェット(燃料)、ガジェット(燃料)」ということで突然ヘッドホン (イヤホン) が欲しくなってしまったんです。

キホン、耳をふさがれるのはイヤなので骨伝導モデル一択
。。。骨伝導で音楽を聴いたこともこともないくせに(^_^;)これホント


どれにしようか

音質に関しては、そもそも骨伝導の音質を知らないので正直どーでもいいという感じで、「ガジェットとして満足できる所有感があるかどうか」を重要視していました。
で、最初は評価も高いしコレを買おうと思ってたんですね、AfterShokz Aeropex

AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン
AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン (Photo: Amazon.co.jp )


AfterShokz Aeropex オフィシャルサイト製品ページ(英語)

Aeropex AfterShokz 

Amazon.co.jp の AfterShokz Aeropex 商品ページ  のほうが仕様、特長等よくわかります。レビューは (4,061 )、かなり高評価です。

私の場合、すぐに飛びついて失敗することが今も昔も多々あるので、いろいろ調べて、もしかしたらそんなことしているあいだに「Amazon のタイムセールに AfterShokz Aeropex が載ってくるんじゃないの」って待っていたんですが、待てど暮らせど載ってこないヽ( ´ー`)ノ
。。。新しいモデルだから?
ちなみに AfterShokz Air はしょっちゅー出てくるのですが(笑)


骨伝導ワイヤレスヘッドホン 防水bluetooth5.0 コズミックブラック


そんなことしている間に今回購入した boco PEACE TW-1 をネット上のあちこちで見てしまったんです。

完全ワイヤレス骨伝導イヤホン - 左右独立型PEACE TW-1

当然、そこにはいいことしか書かれていないわけで。

boco PEACE TW-1 オフィシャルサイト製品ページ

完全ワイヤレス骨伝導イヤホン PEACE TW-1 | earsopen - 耳をふさがずに音を楽しむ骨伝導式イヤホン 


お~ぉ、なんだかいいんじゃね?

昨今、走るときはキャップかぶって、サングラスして、マスクして、というように耳のまわりが「お祭り状態」なので前者の AfterShokz Aeropex だとサングラスのテンプルやマスクのゴムひもと干渉してイヤかなぁなんて思ったりもしていて、左右分離されていて耳のエッヂに装着する boco PEACE TW-1 は見た瞬間ちょっと惹かれるものがありました。

あと防水規格 IPX7 なのでそのままシャワー浴びて「後頭部洗髪するとき邪魔になるものが無くていいじゃん」なんてことも思ったりしました。


で、使ってみてどうだった?

個人的には悪くはないと思いました、現在返品交換中で手元にないんですが(苦笑)
音質に関してはランニングするときに音が聴こえていればいい程度なのでそれも問題なし。

私感を箇条書きで、あくまでも私感です。

  • 装着して閾値走しても落ちそうで落ちないです。ただ耳のエッジに重量物がくっついているのでランニング中は常に揺れてるという感覚がつきまといます。そーいうものだと思ってしまえば特に問題ないかな。
  • 左耳はいいフィット感ですが、右耳はなんかしっくりこないです。フィット感は耳の形状に結構左右されるのではないかと思いました。
  • 税込み 21,780 円。毎日走って使ったとして一回 56 円。高いと考えるか安いと考えるか意見が分かれそうです。 2 週間ほどで不具合が発生したことを考えると、たぶん元はとれないかなぁ。
  • クレードルから取り出すと電源が入り、プレーヤーと繋がるという仕様なのでものぐさな私にはありがたいです。ただ、クレードルから外れると電源が入ってしまうので「カバンの中に入れて持ち運んでいる最中電源が入ってしまい使おうとしたら電池が空っぽだった」というレビューがありました。クレードルのなかでイヤホンが動いてしまうということでしょうね、たぶん。精度、仕様に問題あり?
  • この紙が同梱されていたのですが、何回読んでも書いてある意味がわかりません、もしかしてバカ?(私^^;) もちろん最初の項はわかります。。。二つ目、みなさんわかります? 私、よくわかんない
    年がら年中、充電しておけってこと? 理解してもらうには言葉がいくつか足らない気がするんですが。まぁ「私、バカよねぇ♪」ってことにしておきます。


【ここまでの結論】
ランニングに関して「アガリ」な中高年が jog 中に音楽を聴くにはいいかもね、って感じです。

私、Alexa 使っている関係で Apple Music じゃなくて Amazon Music なので、こうなってくると音楽が聴ける Garmin が欲しいですよねぇ(^_^;) いまのところ Apple Watch で聴いているのですが


先ほど返品交換で新品が手元に届きました (この投稿を書き始めたのが 15 日だったもので)

さてさて、故障せず使い続けられることができるでしょうか。
なにかあったらまたアップします。


では、よい週末を!!