ランニングのデータを管理するアプリでいくらでもありそうなグラフですが、自分で好きなように作り替えられるようにエクセルで作ってみました。

ペースの可視化


単にペースを数値ではなくグラフとして見られるものですが、よろしければダウンロードしてお使いください。

Download (pace-graph.zip)

pace-graph.xlsx という名前の Excel ワークシートが入っています。


使い方

  1. レースが終わったら 5km ごとのペースが載っているコレをスマホでキャプチャーしておきます。

    ランナーズアップデート

    別にコレじゃなくてもいいですが。。。

  2. 赤い数字でナンバリングしてある 5km ごとのラップをダウンロードしたエクセルファイルの左上のセルに入力していきます。

    赤い数字のラップをそれぞれのセルに入力

    11 のところのセル、22 のところのセル・・・9 まで

    150223-2

    最初の 5km をネットで入力したい場合は ネット と書いてあるタイムです。

    9 は Finish タイムから 40km のスプリットを引きます (青枠)
    3:28:19 – 3:18:12 = 0:10:07

    ■5km ごとのペースを入力する場所

    左上のセルに入力していく

    左上のセルに入力していく

  3. すべて入力すると下に折れ線グラフが表示されます。

    表の下に折れ線グラフが表示される

  4. 複数のレースを入力するとこのように表示されます。

    「使用例」のシートにsampleを入力してあります。参考にしてください。

    「使用例」のシートにsampleを入力してあります。参考にしてください。

  5. 今まで出場したいろいろなレースを入力すると自分の傾向が分かりますし、毎年出ている同じレースでまとめると勝因、敗因、高度差がもたらすペースアップ、ペースダウンなどがよくわかり「がんばんなきゃ」とちょっとだけモチベーションもアップします(笑)

    シートはコピーして適宜増やしてください。


おまけ

東京マラソン「40 ポンドの重りを背負う男性」ギネス世界記録 (3:06:16) を達成した望月将悟選手が担いでいた荷物はコレ。。。およそ 18kg :8O:

スゴッ!!

スゴッ!!


やはり「TJARを 3 連覇できるのにはワケがある」といったところでしょうか。


よろしければこちらもどうぞ。

持久係数を使って10km、ハーフ、フルマラソンのタイム予想