これは「Linhof」という大型カメラ。私の好きなカメラのひとつ

アオリの効く大型カメラ(レンズ面やフィルム面の傾きや位置を変えられるカメラ)で撮影すると通常の撮影ではありえないボケを作ることが出来ますが、普通に撮影したデジタル画像もPhotoshopを使ってそれっぽく見せることが出来るようなのでちょっとやってみました。

 

BeforeAfter
いつものように片方を拡大したまま、もう片方の拡大可。ドラッグして並べられます。
(左:Before | 右:After)
光学的に作り出したボケ味とはちょっと違うような気がしますが、なかなか面白い写真表現であります。

それっぽく見せるには

  • 斜俯瞰の写真(斜め上から撮った写真)がいい?
  • 広範囲に風景が入っているほうがいい?
  • 風景の中に人間や動物、乗り物などが写っていたほうがいい?
  • 彩度を上げたほうがいい?(ミニュチュア模型に色を塗ったような感じ)
  • 晴れた日に撮影したほうがいい?(影が重要?)

のかなと思います。

*****

small planetちなみにこの写真表現のオーソリティーは、昨年第32回木村伊兵衛写真賞を受賞した写真家、本城直季氏。
small planet

 

*****
ものは試しに、FSサムイの「RESIDENCE」をハイダイナミックレンジで合成後、ミニチュア風にボカしてみます。高価なRESIDENCEもご覧のようにプラモデル。

Four Seasons Resort Koh Samui ::: RESIDENCE・ミニチュア模型(^^;)
FSサムイのRESIDENCE
拡大可(800×533)
どうっすかね( ̄^ ̄;)
。。。凧撮影が成功していたらもっと面白いアングルの写真があったかもなぁ(無念)