Amanpulo ::: アマンプロ

ここに掲載しているデータは 2009 年 5 月 のものです。写真のキャプションに書ききれない Impression がここに載せてあります。写真のページもあわせてご覧いただければうれしいです。

Amanpuloの碧い海

ここは歴史のあるチョー有名なリゾートホテルゆえ、ネット検索すれば旅行代理店・個人ブログなどそりゃぁもう数多くのサイトがヒットし、ひと通りの情報を得るにはさほど手間は掛かりません。
どこを見てもどこを読んでも、当然と言えば当然?当たり前と言えば当たり前?ボロクソ書いているところなどまったくありませんでしたよ。

が、年末年始に行ったところみたいに大失敗することもありますので気を引き締めていかねばなりません。
あいにく締め直すべきフンドシは締めようにも愛用していないので代わりに凧糸を締め直して出陣しました(笑)

いままでどおり、いつもどおりの Impression です。文字多めなので読むのが面倒になったら適当にスルーしてください。


アマンプロの緯度経度
11°21'12.60"N, 120°43'55.90"E


より大きな地図で amanpulo を表示

Google Earth 上で Pamalican Island (パマリカン島) と記されている島は Manamoc Island という名前です。アマンプロがある島がパマリカン島  
、、、そう、Google Earth が間違っているんですw

マニラ~パマリカン島をつなぐ飛行機、荷物の重量制限 20kg の壁

荷物は手荷物含め 20kg 以下に変わった趣味をお持ちでないかぎり手荷物も含めひとり 20kg 以下というシバリをクリアするのは楽勝でしょう。といっても浴びるほどのアルコール類は持って行けないでしょうが。。。
私はというと、リゾートでは滅多にお目に掛からない変わった趣味がいくつかあるので 20kg 以下に抑えるのにかなり苦労しました。最後まで持って行くか行かないか悩んだのが コレ (笑)
最終の減量段階で 200g~300gの戦いとなったのですが、超広角レンズやフルサイズセンサーの一眼を置いてまで持って行った 「コレ」 、滞在中いろいろと忙しくて帰る前日の夕方一回しか使いませんでした( ̄_ ̄|||)
おまけに投げ始めた途端、二軒向こうのビーチ前で 「海の怪獣の生け贄になっちゃうのディナー(ビーチでバーベキュー)が始まってしまい、ご近所様のロマンチックな夕暮れを我らの剛速球がグローブにおさまる音で台無しにしてしまいそうだったので 50 球も投げないうちにやめてしまいました。

「碧い海もきれいだけど、夕暮れ時の海もステキね」  「、、、君のほうががステキさ、チュッ
、、、 パァ~ン   (剛速球をキャッチした音)
、、、こんなアマンプロじゃまずいっすよね。 私も多少は気を使うんです :ase:

Beach Club : これを自分の目で見たかった

Beach Clubオフィシャルサイトではアマンプロのイメージを担い、幾多の雑誌に幾度も掲載され、いつか自分の目で見たいと思っていたこの風景。
小さい建物だということは事前の情報収集でわかっていましたが、ホンモノはというと、、、ホントにこぢんまりした建物でした (いい意味で)
やはり向かいにある Manamoc Island がこの風景のキモでしょうか。超広角レンズを持っていかなかったのが悔やまれますが、「もうチョット横方向がどうなっているのか見てみたい」 と思わすところで終わっておくのが、これまたココの撮影のキモでしょう(笑)

私の場合、特殊な撮影技術を習得しているのでココは絶対にはずせない撮影ポイントでありますw
上空からの画像載っていましたでしょ :camera:

ついでにPamalican Island についても読んでおく

食事関係いってみましょうか

料理は他のアマン同様 (アマンダリとアマヌサでしか食べたことがないですが) 美味しいと思います。すべてが美味しいかというとそうでもなくて、味が濃すぎたり薄すぎたりするものもあったりしますが。まぁ、それはどこでも一緒でしょ。

レストランは部屋数のわりにいろいろありまして、さすがアマン、、、

  • The Restaurant (7:00~23:00) 島の中央、メインプール横
    The Restaurant

    Club House 内のメインプールを見下ろせるところにあり、 朝から晩までやっているのでいつ行っても食べられます。何でもありのオールマイティーなレストラン。
    結構広いので座る場所を気にしないのであれば夕食時でも予約はいらない感じです。

  • Beach Club (7:00~23:00) 島の西側、Beach Casita がある側
    Beach Club

    こちらも朝から晩まで。海を眺めながら食事をするならここがいいでしょう。夜はタパス(スペインの小皿料理)が食べられますので飲もうと思えば延々と飲めますぞ(笑)
    席が少なめなので夕食は予約しておいたほうがいいでしょう。ちなみにフィリピンはその昔スペインの植民地でした。

  • Lagoon Club (18:00~23:00) 島の東側、Windsurf Hut の近く
    Lagoon Club

    夜のみのベトナム料理。一回行きましたが、私はあまりピンと来ませんでした。ここも席数少なめなので予約しておいたほうがいいでしょう。。。私たちが行ったときはガラガラでしたが。
    食事とは関係ないのですが、このレストランにいるゲッコーは録音モノかと思ってしまうほど毎回同じような鳴き声、同じようなテンポで鳴きます。違うのは鳴く回数で4回、5回、6回のどれか。規則性をみつけ 「録音モノじゃね?」 の証拠をつかもうとチャレンジしてみましたが、どうもホンモノみたいでした。ひょっとして 2 時間ぐらいあるエンドレステープだったとか :ase: 立ち寄られたときには耳を澄ましてみてはいかがでしょうか。

  • Windsurf Hut (12:00~15:30) 島の東側、Lagoon Club の近く
    Windsurf Hut

    ロコのお店っぽい感じを醸し出している海の家風レストラン。石窯で焼いたピザが食べられます。ピザは一枚直径20cmチョイなので、二人なら 3 枚はいけるでしょう。昼間からワインを飲みながらダラダラするには最高。

    以前、 Pizza 屋は Beach Casita の並び Picnic Grove にあったのではないでしょうか (次のリンクをクリックしていただいてポップアップ画像を参照してください。画像内の文面はマニラ~パマリカンのアマン専用機内にある冊子より、上空からの写真は自前) Picnic Grove はちょっとアクセスが悪く万人がそそられるような場所ではないので (茂みの中) 改善を図った結果、Windsurf Hut に Pizza 屋を移動したのかな? (あくまでも推測)
    やはり日々売上げが上がるようたゆまぬ努力しているのか 。。。仮に Pizza 屋がジャングル内にあったら私は二日連続で食べに行かなかったかも。

    もしかして宿泊している人種の比率で Pizza 屋を移動しているとか?
    もしそうだったらちょっとビックリですよね。そこまではやらんかっ(笑)

    2009.06.12追記 :
    Amanpulo の Y さんからメールをいただきました。
    私の推測通り Pizza 屋が移動しているのは正解だそうです v( ̄^ ̄)
    が、その理由は私の推測とはまったく違いまして( ̄^ ̄;)うっ

    10月頃から2月頃までは、カシータ側のビーチが風も少なく泳ぐのにはベストなので、あちらにピザがあります。なお、そのころ週末は隔週でブッフェのBBQをあそこでやっております。
    昨年から今年はイタリアンBBQをしておりました。明かりの演出がきれいでそれは、豪華なブッフェになります。
    一方、3月頃からは、反対側のビーチにピザのレストランが移動するんです。

    海側から吹く風の関係なのですか、なるほど。みなさん理由がわかってヨカッタですねw
    情報は正確に伝えないといけませんです :poripori: :poripori: ポリポリ

  • Kawayan Bar 島の東側、海上 :ase: こちらも乾期と雨期で場所がかわるみたい
    Kawayan Bar

    One of Amanpulo’s exciting spots is the Kawayan Bar. A platform-like raft made of bamboo, ideal for spending the day, lounging, swimming, snorkeling, picnic and private barbecue…
    海亀による高速移動可能なんてどこにも書いてませんね(笑)
    上の写真ではわかりませんが、拡大するとちゃんとスタッフがいるんですよ

この他にも定期的にスペシャルな :ase: バーベキューなどディナーイベントが組まれているようで、雨で中止になりましたが滞在中には 「イタリアンBBQ」 というディナーが予定されていました。
また、島内のジャングル(笑)には稼働していないレストランぽい施設もあり、時期によってはそういった場所でもいろいろなディナーを提供してくれるのかもしれませんね。

唐突ですが 、、、
最近慣れてきたせいか、ホテルでハズレの料理 (味・調理法) を注文することが少なくなりました。特に今回は初日から帰る前日の昼まで実にアタリの料理ばかり注文できてホントよかったですわ。
ハイ、、、帰る前日の昼までは

あ”ぁぁぁぁ~ :namida: それなのにそれなのに
ず~っとハズレを注文しないように細心の注意をはらっていたのに
、、、帰る前日の夜 、、、
、、、油断してしまった 、、、最後の晩だから注文してみたんだよ

Dinner Special だってさ。もう考えるの面倒だからコレ食べてみよっか :hoxtu:

。。。しばらくして目の前に出てきた料理は

:mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n: :mu-n:
:8O: 底なし黒沼地獄激重料理 :8O:
::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(: ::(:

だから最後まで考えろっていっただろ(自分) 見事に踏んでしまったよ( ̄_ ̄|||)
まさか赤坂六本木、こんなところに地雷が埋まっていたとは :down: orz
地雷な料理はこれだ   ひょっとして料理の写真がポップアップすると思いました? 黒沼料理なのでどうやって撮っても黒くなっちゃって写らんのですわ(苦笑)

Starter は良かったんだよなぁ、Starter は 。。。 Main がイマイチ、ニッ、サン :down:
ちなみに Chicken もハテナでした(苦笑)

「スペシャル」 と 「美味しい」 は別次元のものだということがよくわかった晩でした。
外国人はああいうのが好きなんだなぁ、スゲー民族だ。
デザート これまた :down: orz

すべての Dinner Special が地雷とは言っていません。
え~とですね、Dinner Special はスペシャルです :zou:

Private Dining Menu & Wine List (Casita 内のもの)

Private Dining Menu は 「とりあえずこんな感じ」 というもので、おそらく何を頼んでも持ってきてくれる気がします。確認したわけではないですが。

Wine List は読み応えあり。ただし行くレストランによっては違う Wine List が出たりします。
Wine がお好きでアマンプロに行くなら読んでおいても損はしない かも。

BBQ & Picnic Basket

バーベキュー 4 種とピクニックバスケットのオーダーシート。

  • Filipino Barbecue
  • Asian Barbecue
  • Mediterranean Barbecue
  • Middle Eastern Barbecue
  • Picnic Basket

あっと驚くような場所で BBQ してみたらいかがでしょう :beer:

BBQ & Picnic Basket
» BBQ & Picnic Basket 約5MB

SPA

Garden Spa (Amanpulo)できれば Treetop Spa (いわゆる Spa 本陣-Spa 専用のカシータ) で受けたかったのですが時間の調整がうまくいかず Garden Spa で Mabaskeg Pressure Point Massage (Thai Massage) をやってもらいました。Spa は行う人の技術力がもろに反映されるので一回ですべてを語ることは出来ませんが、私たちの担当だった方はイマイチかな。 上手じゃないというのもあるのですが、60 分を過ぎたあたりからお二方ともたいそう眠たいらしく 「フゥァ~~」 とあくびの音を発しながらのマッサージですし、おまけにお腹が空いているのか 「グルルル~ゥ」 という音も聞こえてくるしでチョット雰囲気ナシナシでした。思うにフィリピンの方は 60 分以上は仕事に集中できない (苦笑)
ちなみに、本陣ではどうだかわかりませんが Garden Spa では着替えもなければ、足を洗ってくれるプロローグもありません。
。。。パマリカンの物価(笑) からすると価格設定が安めだからしかたないか。

Spa Menu
» Spa Menu 約13MB

Activity

私は自分のアクティビティーがあれやこれやありますので何もやりませんでしたが :ase: ホテルが提供するアクティビティーは無料のものから有料のものまでいろいろあります。体力の続くかぎりやってみてはいかがでしょう。あっ、体力だけでなく財力も必要か。。。

Activity
» Activity 約18MB

Casita

Beach Casitaとても快適で使いやすい部屋です。
私の場合、荷物の種類と細かさが普通の方と違うので収納関係が充実していないと非常に使いにくい部屋と感じてしまうのですが、ここアマンプロの部屋は一度もストレスを感じることはありませんでした。ふたりに均等に与えられたクロゼットは十分すぎる収納力、スバラシイ。
個人的には床が木というのがイイなぁ。超弩級の湿気地帯でよく 「木」 を選択したものだと思います。シャワーブース前あたりの床は常に飛び散る水で濡れているからなのかちょっとペコペコ感が出てやわくなっているみたい。 まっ、そのうち 「鬼メンテ」 しちゃうのでしょう。

以下、簡単な Q & A で載せておきます。

  • 最重要案件の冷蔵庫は?
  • メチャ冷えじゃないけど許せる冷却能力。

  • 水まわりは?
  • 給排水共にOK。ただし、お風呂の給湯は浴槽に目一杯お湯をためて入ることを想定していないようで出しすぎるとスゴイぬるま湯になってしまいます。最初、熱いお湯が出てきますが、次第に温度が下がってくるのでそのまま出しておいて、ちょうどいい感じになったところで止めるのがいいようです。おそらく浴槽用に決まった分量だけお湯がわかされていて、全部使ってしまうと復活するまで時間が掛かる仕様なのではないかと思います (推測です)
    私は浴槽には入らずシャワーがちゃんと使えればそれで OK な人間なので水まわりに関してはまったく問題なしということにしておきます。

  • 空調は?
  • 音は大きめですが、きっちり仕事をしてくれています。いいのではないでしょうか。

  • 蚊は?
  • います。ゲッコーもいます。なんでもいます。みんな勢ぞろいって感じ ::-D:

  • ネット環境は?
  • Eye-Fi 利用可あまり速度は出ていようですが、普通に使えます。 Eye-Fi (ワイヤレスSDカード) が使えるかどうか試しに設定してみたところ問題なく使えました。比較的軽めの写真を撮る主義の方は外で撮影してきたのもが PC に自動で取り込めるので便利かも。

  • ACコンセントは?
  • デスク回りには空コンセントは 1 つしかないので、充電モノが多い人はテーブルタップ (AC延長コード) を持って行ったほうがいいです。

  • 不満は?
  • ない。

Cart (長文)

新旧カート滞在中、ひと部屋に 1 台いつでも自由に使っていいカートを提供してくれます。これが非常に便利で楽しい。
まず、どこに行くにもカートを呼ぶ必要がないので出掛けたいと思ったときすぐに出られて、リゾートでよくある 「待ち」 のストレスからイッキに解放されます。また、飲酒運転 OK なので食事のあとには非日常が待っています。
カートは写真のように 2 種類あって、聞いたわけではないですが乗り心地とパフォーマンスからたぶん左が新、右が旧だと思います。私は旧でした :mu-n: どうやら私はどこにいても旧いクルマを呼び込む体質を持っているようです。
旧いほうは屋根が平らになっているせいか、雨が降ったあとには多量の水が屋根上に溜まっていてカートが動き出す時にジャバっと落下してきますので十分気をつけましょう。デジカメなどにかかっちゃったら悲しいですよ。

ステアリングのところにはリゾートマップあと、道に迷わないようステアリングのところにリゾートマップを付けてくれているのですが、そのリゾートマップの字がとても小さくて非常に見にくいんです。特に夜は見えないに等しい。まぁ、島内の道や施設の位置は二日もあればアタマに入ってしまうのでたいした問題ではないのですが、わからない時にはとてももどかしい思いをします。
老眼の方、地図はデカイのが好きな方は解像度低めですがオフィシャルサイトに載っている PDF を印刷して行きましょう。私はたまたま印刷していましたので道を覚えるまで結構役に立ちました。

プレクサス

さらに、フロント・ウインドシールドの透明度と撥水がイマイチで雨の日の夜は前がぜんぜん見えません。仮にもう一度アマンプロに行くことがあったら、私は プレクサス を持参して、自分に与えられたカートのウィンドシールドを島内で一番きれいにしてやろうと思っています(アホ、でもマジ)

部屋番号とドリンクホルダー

あとひとつ、 「初めて行ったレストランなのにスタッフが客の名前や部屋番号を覚えているのでビックリ」 というのをネット上で良くみかけますが 「単にカートの前に付いている部屋番号を見てそこからデータを拾っているだけじゃないの?」 というのが私の見解です。。。私だったらそうするというお話し(笑)
じゃぁ、カートが無い他のアマンはどう説明するんだって? それはそれ、きっといろいろな方法があるのでしょう :ase:

もうひとつ、「カートのドリンクホルダーに入っていた水がいつの間にか冷えたものに替えられていた」 というのもよく見かけますが、これは停めた場所によるというのが私の見解です。たとえば部屋の前に停めていた場合、私のヤツは一回だけ替わっていたことがありました。が、あとにも先にもその一回。やはり端っこの人里離れたカシータは用がなければ誰も来んのですよ(笑) 水はついでに替えているのよ、ついでに、、、たぶん ::-D:

あっ、そうそう、ルームキーと一緒にカートのキーも受け取りましたが、我らの低年式カートはキーを差し込まなくても動きました。

2009.05.27追記 :
アマンプロから持って帰ってきたリゾートマップを自分でスキャンして、当サイトの Resort Maps (リゾートマップ・ダウンロードページ) でダウンロードできるようにしました。A4 サイズの紙にピッタリ印刷できるように PDF ファイル化してあります(アマンプロのリゾートマップのみ印刷可能)。解像度も当サイトのほうが高いと思います。

食事が終わったらチェックなしで立ち去っていいというのはホントか

Pizza の Windsurtf Hut本当だった。
初回のみ半信半疑でなかなか立ち去れないが、二回目からは疑似食い逃げ状態。でも、チェックアウトの時にはひとつも漏れがない伝票がそろっていましたよ。

ウラをかえせば食事したときには幾ら食べたのかまったく金額がわからないわけでその点についてはお大尽さま、小市民、いろいろな行動に出ることが考えられます。前者は金額なんぞな~んも気にしないのでしょうが、私は後者、飲み食いした料金がわからないことにはチェックアウトするときに伝票の真偽がわからないので部屋に戻ってから記憶をたよりにメモするか、その場で (注文するときではなくまったく別のタイミングで) 簡単にメモしていました。

疑似ジャングルゆえ小鳥がいっぱい

パマリカン島にいる鳥のカード私が好きなカエルの鳴き声は聞けませんでしたが、カシータ (部屋) 回りはジャングルのような環境なので常に鳥の鳴き声が聞こえてきて夏休みの林間学校といった感じです。
昼間、部屋を掃除してくれるたびに鳥のカードをいちまいずつ置いて行ってくれて集まったのは計 5 枚。

パマリカン島に生息する19種の鳥飛行機のなかにあったパマリカン島の資料によると島には 19 種の鳥が生息しているようなので、この鳥カード集めをコンプリートするためには 「19 泊かよ、オィッ :mu-n: 」 ということになりますね(笑) それともお願いすれば 19 枚くれるのか

いずれにしてもこういったサービスはなんかホッとしていいなぁと思いました。

要望ひとつ

Pool Sala の天井にシーリング・ファンを付けて欲しい(笑)

Pool Sala

まとめ

もう一回行きたいよ。アマンプロは実にいいところだ :hare:

以上、唐突に終わるアマンプロ(パマリカン島)の旅行記でした :aisatsu:
長々お読みいただきまして Salamat Po  

10 Comments

  1. Pockie
    2009年5月27日 @ 12:17 AM

    楽しく拝見しました。。。特にImpression! :peace:
    あの写真にだまされてないか・・・ってのが検証できたってわけですね。海が本当にきれいだというのは朗報です。

    食事の感想も参考になりました。この規模のリゾートではかなりバラエティですよね。そして、味もまあ「はずれあり」は笑えました。そのスペシャルは大当たり~ですか :wa-i: ま、ご愛嬌としますか?(笑)

    うーん、やっぱり行きたいなあ、アマンプロ :hare:

    Reply

  2. Reico
    2009年5月27日 @ 12:29 AM

    週末バタバタしててようやく拝見できましたアマンプロ!ほんとになんてステキなパマリカン!!まさに眼福!!!
    なんというかちょっとした「これ、いいな」がボディブローのように効きそうなリゾートですね~。さすがアマンというか。
    本当に熟成されたリゾートの香りが支店長のお写真からびしばし漂ってきました(笑)
    こんなところで日がな一日のんびり・・・たまらんちんですな~(うっとり)

    あぁぁぁぁ象支店長のお写真もボディブローのように効いてます(^^)
    島の距離感とか、部屋のリモコンとか、足を洗う甕とか、ご飯も食べられるSalaとか、砂浜まで赤く染まる夕日とか、あの海の色とか・・・挙げてたらきりがないw
    そしてTacogleの写真、相変わらずめっちゃ面白いし参考になります!すごいぞTacogle!!

    いつの日か、行きたいですアマンプロ。その時はDinner Specialには気をつけます(^^;)
    素晴らしい滞在記、ありがとうございましたm(_ _)m

    追伸:キーホルダーはツチノコに見えまーす(笑)

    Reply

  3. 象支店長
    2009年5月27日 @ 9:03 AM

    :reply: Pockieさん

    こんにちは。

    :quotation: 楽しく拝見しました。。。特にImpression! :peace:

    もうちょっとわかりやすい表現と構成ができればいいなと思っているのですが
    これがなかなかむずかしい。
    私の場合、写真なしで伝えることは不可能ですわ(笑)
    ウラを返せば写真がなかったら
    何を言っているのかわからないってことですねw

    :quotation: あの写真にだまされてないか・・・ってのが検証できたってわけですね。海が本当にきれいだというのは朗報です。

    昔は珊瑚礁も含めもっときれいだったのでしょうが
    今でも十分きれいです。
    目の前の海に入っていって
    当たり前のようにいっぱい魚が泳いでいるのには驚きました。

    :quotation: 食事の感想も参考になりました。この規模のリゾートではかなりバラエティですよね。

    レストランはもっと少ないと思っていましたが
    意外や意外、普通に滞在する日数なら必要にして十分ではないでしょうか。
    あとこのページの後半にも書きましたが
    自由に使えるカートがあるので食事に行くときも帰りも
    ストレスがなくて実にいいです。
    。。。飲んだあと、もう一軒ハシゴも可能です ::-D:

    Reply

  4. 象支店長
    2009年5月27日 @ 9:30 AM

    :reply: Reicoさん

    こんにちは。

    :quotation: 本当に熟成されたリゾートの香りが支店長のお写真からびしばし漂ってきました(笑)

    あとで取り上げようと思っているのですが
    昨晩、1995年のアマンプロが載っている雑誌を見てみたら
    今回見てきた島とまったく違う風景が写っていました。
    「14年経つとこうもかわるものなんだ」という感じです。
    上空から写真を撮っているので比較ができてよかったです。

    :quotation: こんなところで日がな一日のんびり・・・たまらんちんですな~(うっとり)

    そう、たまらんですよ。
    。。。お金も貯まらんですが :ase:

    :quotation: そしてTacogleの写真、相変わらずめっちゃ面白いし参考になります!すごいぞTacogle!!

    ひょんなことから始めた凧写真、
    ここは行く前から 「なにがなんでも絶対撮るぞモード」 全開でしたから
    うまく撮影できてよかったです。
    島に着くなり 「風」 のハナシしかしない私を見て
    同行者は「始まった、始まったヽ( ´ー`)ノ」ってカオしていましたが(苦笑)

    島に着陸するときにサービスで
    島の上空を一回ぐらいグルッと旋回してくれるかなと
    ちょっとだけ期待していましたが
    なんのことないそのまま着陸でしたw

    :quotation: 素晴らしい滞在記、ありがとうございましたm(_ _)m

    いえいえこちらこそ。
    ご覧いただきましてどうもありがとうございました。

    :quotation: 追伸:キーホルダーはツチノコに見えまーす(笑)

    ですよね。亀は違うだろってっ感じ。
    あとムチャクチャかさばるんですわ、コンパクトデジタルカメラ並みw

    Reply

  5. Gon
    2009年6月12日 @ 3:57 PM

    初めまして。
    Gonと申します。
    Mixiのアマンプロを検索しており、こちらに来ました。
    ほんとうにすばらしいお写真とわかりやすい解説で、私が探していたものはこれ!と思わず声にだしてしまいました。

    来月アマンプロに行く予定です。
    ビーチカシータの予定ですが、お部屋によっては砂浜が少ないことがよ~くわかりました。
    また、食べ物やアクティビティの金額も気になるところでしたが、これでなんとか予算的にも計画を立てられそうです。
    とっても参考になりました。
    ありがとうございます。

    また、某国営放送の熱中人という番組で凧撮影?の方を特集しており、象支店長さんも、こういう方法で撮影したのか~と親しみを覚えて見入ってしまいました。

    これから何度も訪問させていただきますがよろしくお願い致します。
    以上

    Reply

  6. 象支店長
    2009年6月12日 @ 6:22 PM

    :reply: Gonさん

    こちらこそはじめまして。

    :quotation: ほんとうにすばらしいお写真とわかりやすい解説で、私が探していたものはこれ!

    見方を変えればヘンなところに詳しい変人的レポートの数々、
    そのような情報がお役に立ちそうで私としてもうれしいです ::-D:

    :quotation: 来月アマンプロに行く予定です。

    おっと来月ですかっ :!!: イイですね~。
    。。。イイですよ、アマンプロ(笑)

    :quotation: ビーチカシータの予定ですが、お部屋によっては砂浜が少ないことがよ~くわかりました。

    潮の流れの関係なんでしょうね、
    島の南端に行くほど砂が堆積しているみたいです。
    カシータ前のビーチでまったりするときなどは
    多少砂浜の広さがほしいですよね。

    外で 「まったり」 と言えば、、、
    私は長時間凧揚げなどしていてもまったく刺されませんでしたが
    女性はサンドフライ (含む蚊、その他) に刺されやすいようなので
    面倒がらずに虫除けを使った方が良いようです。

    :quotation: また、某国営放送の熱中人という番組で凧撮影?の方を特集しており、象支店長さんも、こういう方法で撮影したのか~と親しみを覚えて見入ってしまいました。

    それ、私もたまたま見ていました(笑)
    だいたい同じ方法です。。。いかがですか Gon さんも、ひと揚げ。
    、、、やっぱり、揚げモノは天ぷらとかトンカツのほうがいいでしょうか :ase:

    :quotation: これから何度も訪問させていただきますがよろしくお願い致します。

    こちらこそよろしくお願いいたします。
    何か反応してしまう投稿、レポートがありましたら気軽にコメントしてください。
    ここは一杯飲み屋みたいなところですから(笑)

    アマンプロ、存分に楽しんできて下さい。
    ワンダフルなリゾートを :!!:

    ではでは :aisatsu:

    Reply

  7. ちろこ
    2009年6月18日 @ 9:23 PM

    こんにちは。先日一度コメントさせていただいた者です。
    tacogleすばらしいですね。
    リゾート関係で空からの写真が記載されているサイトは他にはなかったです。
    昨年はフォーシーズンズランカウィを検討していてこちらのサイトを参考にさせていただき、また今回は旅行先検討中にこちらでアマンプロのページを発見し、すばらしさに感動したため、来月アマンプロに行く予定です。
    昨年に引き続きありがとうございました。本当に有益なサイトですね。
    私にとってはかなり高額にもかかわらず、たったの4日間の雨季のアマンプロで後悔しないだろうかと考えましたがビーチの綺麗さに期待しています。
    ちなみに昨年のフォーシーズンズランカウィは雨季でしたが最高でした。
    海の綺麗さは別として今まで行ったアジアのリゾートの中で、クワイエットプールのプライベート感、波のある&遠くに島のある海、サービスなどなど最高でした。
    またリゾートに行かれましたらぜひこちらで紹介してくださいね。
    ありがとうございました。

    Reply

  8. 象支店長
    2009年6月19日 @ 12:23 AM

    :reply: ちろこさん

    こんにちは。
    先日はコメントいただきましてありがとうございました。

    :quotation: リゾート関係で空からの写真が記載されているサイトは他にはなかったです。

    私もそういうサイトは見たことがないです(苦笑)
    同行者の理解が得られないとなかなかできないですからね、凧揚げ。

    空から見るとナゾの部分が結構解明されますよね。
    アマンプロのビーチカシータは
    現地に行けば「なるほどこうなっているんだ」というのがわかりますが
    行く前にいろいろなサイトに載っている写真を見ても
    いまひとつどうなっているのかがよくわかりませんでした。

    昨年FSランカウイに行かれたとのこと。
    私はオープンして間もないころに行ったので
    あっちこっち整地した跡が残っていましたが
    ある程度年月が経ち植栽も生えそろっているでしょうから
    そろそろ行き頃でしょうね。
    自分で行って 「よかったなぁ」 というリゾートに
    再訪してみたい気持ちもあるのですが
    一方で行ってないところに行きたいという気持ちもあり
    いつも悶絶しています(笑)

    ちろこさんの「フォーシーズンズランカウィはよかった」という感想を聞くと
    また行ってみたいという気持ちもつのります。

    FSランカウイの海は 「遠くに見て楽しむ系」 の海ですよね。

    で、来月はアマンプロですかっ、、、いいなぁ~。
    雨季でもいいから行けるなら私も行きた~い。
    戻られましたらぜひ感想などお聞かせ下さい。

    :quotation: またリゾートに行かれましたらぜひこちらで紹介してくださいね。

    了解しました。

    今後ともよろしくお願いいたします :zou:

    Reply

  9. みほ
    2009年6月25日 @ 1:11 AM

    象支店長さまこんばんは ::-D:
    お写真&impression拝見しました。
    アマンプロに行かれてたんですね。とーーっても羨ましいです!
    あこがれのリゾートのひとつなんです。
    そして相変わらずお写真が美しいし、視点が本当素晴らしいですね。
    砂浜のカートの車輪の跡なんて、私なら普通にスルーしてしまうのに…
    確かにビーチリゾートならではの光景ですもんね。
    あとTacogle Earth、今回も素敵でした :thumb-up:
    殆どの建物が木々に埋まるように建っているのがなんか可愛らしくて
    印象的でした。
    回を重ねるごとにTacogle Earthにかける情熱を写真から感じます。
    今後も楽しみにしています :wa-i:
    私はまるで象支店長さまの後を追うようにビンタン、ランカウィ、ジンバランと同じ
    リゾートに行き、いつも写真&impressionを参考にさせて頂いてますが
    今回も猛烈に行きたくなりました。
    ありがとうございました!!

    Reply

  10. 象支店長
    2009年6月25日 @ 9:35 AM

    :reply: みほさん

    こんにちは。

    アマンプロの写真集をご覧いただきまして
    どうもありがとうございます。

    :quotation: 殆どの建物が木々に埋まるように建っているのがなんか可愛らしくて
    印象的でした。

    行く前は建物 (カシータ) の周りだけ植物が植わっていて
    それが点在しているというようなイメージを持っていましたが
    実際はジャングルの中にポツポツと建物があるという環境でした。

    :quotation: 回を重ねるごとにTacogle Earthにかける情熱を写真から感じます。

    被写体がよかったのでやる気が写真に写ったという感じでしょうか。
    リゾートに行くなら他に情熱を傾けることもあるだろうにと思うこともしばしばです(笑)

    :quotation: 今回も猛烈に行きたくなりました。

    ぜひぜひ。
    「アマンプロにしかないものがある」 そんな島です。
    私も猛烈にもう一回行きたい ::-D:

    コメントいただきましてどうもありがとうございました :aisatsu:

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です