一体なんでしょう、先ほど左肩甲骨の奥にとつぜん痛みが走り、どんどん痛くなって今じゃ大きく息を吸うだけで痛い。
それより日曜のレースに向けて違う意味でイタイ。

このあたり
このあたり

image via: 肩甲骨 – Wikipedia 


昨日まで右肩甲骨の同じ部分が痛くて、今日やっと痛みがなくなったというのに、地味だ :mu-n:

アイシングしようにも一人でアイスバッグを患部に固定するのは難しすぎる。
しばらくどうしようか考えた末、明暗が、いや名案が。。。


ひとりボッチの時、肩甲骨のところにアイスバッグを固定する方法

  • タイトなシャツを用意する。私は Millet の DRYNAMIC MESH NS CREW にした。すでにこの時点でヘンな人。
    Millet : DRYNAMIC MESH NS CREW 
  • アイスバッグを背中に突っ込み孫の手を使って患部に配置する。
  • そのままだと密着度が低くて患部が冷却されないし、下にズレ落ちてきてしまうので空の小容量のバッグパックを背負って固定。最初、SALOMON S-LAB SENSE SET (ランニングベスト) を羽織って固定しようとしたがさずがに想定外の使い方なのでうまく着れなかった(^_^;) 最終的に Gregory の初代 Rufous 8 を使用(苦笑)
  • そのままのカッコだと寒いし、何よりあまりにもアブナイ姿なので大きめのトレーナーを着て「持つべきものはタイトなシャツとバックパックだなっ!!」と思いながらキーボードを打っている。いまココ。
追記:
先ほどもっといい方法が見つかりました。
肩甲骨のところをアイシングするにはサポートブラを前後逆に着けてアイスバッグを固定すると完璧です ::-D:

CW-Xのこれで固定しています、持つべきものはスポーツブラ?(^_^;)
CW-Xのこれで固定しています、持つべきものはスポーツブラ?(^_^;)

もちろんメッシュのドライレイヤーも併用(見た目はほぼ変態 :ase: )

上に登場したRunning Gear(笑)

MILLET DRYNAMIC MESH NS CREW
MILLET DRYNAMIC MESH NS CREW
SALOMON S-LAB SENSE SET
SALOMON S-LAB SENSE SET
Gregory Rufous 8
GREGORY RUFOUS 8


。。。となりの人、早く帰ってきてボルタレン塗ってくれぇ~

それでは、良い週末を!!