となりの人が愛用しているアクティビティトラッカー Garmin vivosmart HR J のバンドがちぎれてしまったので Amazon でバンドのみ購入して交換してみました。

ちぎれたバンド


Garmin vivosmart HR Jのバンド交換

ネット上で「純正のバンドに交換すると 5,000 円ぐらい掛かる」という情報を見かけたので純正バンド交換への道は早々にあきらめ、Amazon の商品レビューでは評価がマチマチ、どちらかというとあまりよろしくない交換バンドを取り寄せて、自分でリプレイスという道を選択しました。

当の本人 (となりの人) も「vivosmart HR J 本体は問題なく動作しているので買い替えるほどのものではないわ」ということなので。

。。。5,000 円出すなら先日発売された vivosmart 3 購入を強力に推し進めますわ、私(ちょっと見てみたいしね^^)


Amazonで購入可能なvivosmart HR Jの交換バンド

Amazon に行って「vivosmart HR J バンド」でキーワード検索  するといろいろヒットするので商品発見まで何ら困ることはないのですが、前述のとおり、商品レビューを読んでいくと「ホントにダイジョウブかいな?」な交換バンドをポチらなければいけない局面に立たされることになります。

メーカー (というより名称かな) はいくつかあるのですが、全部一緒のような気がするのでさらに「どうするよ?」な感じに。。。

最終的には、直近のレビューで星 の「Turnwin Vivosmart hrj 交換用リストバンド」というヤツを購入することにしました。


さて、手元に届いた製品はどうだったか

交換して今日で 3 日目ですが、となりの人はと言うと
「全然オッケー、まったくもって問題ナシ :nikoniko: 」。。。だそうです、そうですか

  • 赤枠 内のものが今回購入した交換バンド一式です。

  • 評価の低いレビューで多かった取付部分はというと。。。

    ん~、ビミョーです。クルマで言うところの「チリが合っていない」というやつですね。ちなみにぐらつきなどはなくしっかり取り付けられてはいます。

    2017.8.4 追記:
    実に不思議なのですが、昨日バンドを交換した vivosmart HR J を見せてもらったところ、交換当初チリが合っていなかった箇所が何故かうまいこと馴染んで (なじんで) 目立たなくなっていました (ほとんど気にならないレベル) 交換したことを知らなければおそらくわからないでしょう。
    ただし、バンド自体に艶がないのは変わらないので、片方は艶がなく、片方 (未交換のほう) は艶があるという状況は今のところ変わりません(笑)
  • 取付部分の作りが違っていました。
    純正のバンドは取付部分にバンドとはまったく別の樹脂パーツが用いられています。それに対し、購入したバンドは一体型でした。

  • 購入したバンドは表面がマット (艶ナシ) 。

  • 尾錠が付いていないほうのバンドが長い。これも商品レビューで多く見かけました。。。確かに長い!!

  • 尾錠がなんともチープです。尾錠自体はバネ棒で取り付けられているので vivosmart HR J のバンドに付いている尾錠に交換可能。その際購入したバンドを一部加工する必要がありました (加工内容: 赤矢印のところがちょっと出っ張っているので0.3mm ほど削ぎ落とす)


交換後

尾錠が付いていないほうのバンドの長さが適正であれば両方交換したと思いますが、あまりにも長すぎるので尾錠が付いているほうのバンドだけ交換しました。

購入して約一年半、年季入ってますなぁ


え~と、繰り返しになりますが「全然オッケー、まったくもって問題ナシ :nikoniko: 」とのことです。

。。。許せる許せないはアナタ次第(笑)

関連記事へ
go to this post
Garmin 社、もう止まりません、、、かなり前から止まっていないような気もしますが(笑) アクティビティートラッカー vivosmart 3 が登場しました…
この投稿の短縮リンク: