昨日、TOYOTA AQUA (アクア) で使われているリモコンキー (スマートキー・電子キー) の電池を交換する機会に恵まれたので(笑)久しぶりに「リモコンキー電池交換シリーズ」です。

TOYOTA AQUAのリモコンキー


。。。シリーズと言っても過去 3 回しか投稿していませんが

関連記事へ
検索してすぐにヒットしなかったのであげておきます。 ラパンのメーター先日、ラパンのスピードメーター内にある液晶画面に「リモコンキーに入っている電池が消耗してい…
関連記事へ
2 月上旬にアップした [スズキ ラパン] リモコンキーの電池交換 に立ち寄られる方が結構いらっしゃるようなので第二弾としてスズキ パレットのリモコンキー電池交…
関連記事へ
「リモコンキーの電池交換」第三弾 今回は、パッと見、オープンカーには見えないフォルクスワーゲン・イオス (Volkswagen Eos) のリモコンキーをバ…

ラパンの電池交換はびっくりアクセス数だったりするのでなにげに需要はあるようです。


交換手順

いかなる損失が発生しても当方は責任を負えませんので、作業は自己責任のもと行ってください。
少しでも不安がある場合は迷わずトヨタの営業所へ向かいましょう。

  1. キーに内蔵されている電池は CR1632 3V というリチウム電池です。コンビニやスーパーなどで簡単に手に入れられます。


  2. リモコンキー本体に格納されているメカニカルキー (ドア開錠用のキー) を抜きます。


  3. 抜いたところに溝 (凹み) がありますので、ここを利用してキー本体を分解します。


  4. マイナスドライバーもしくは手順 3. で抜いたキーの先端を溝に差し込みゆっくり回転させます。時計回し・時計逆回しどちらでも OK です。個人的には時計逆回しのほうがしっくりきました。

    写真ではキー本体を手で持っていませんが、作業時は当然手で握って作業します。


  5. 二つに分かれます。


  6. さらに電池が格納されているユニットを外します。


  7. 電池は小さな 3 つの爪 (赤丸) で留められていますので A のところの爪を矢印の方向にやさしく広げてあげます。

    その際、逆サイドの電池のエッジ部分を親指で矢印方向に押し込みながら A の爪をゆっくり広げると爪が外れたときに以下の写真のように電池のエッジが浮き上がるので、爪を必要以上に広げて破損してしまうリスクを回避できます。

    新しい電池をはめ込む時も電池を電池室に滑り込ませるようにするといいようです。
    爪は非常にデリケートな作りになっているので慎重に作業を行ってください。


  8. あとは上記の作業を逆戻りして電池交換作業は終了です。

    おつかれさまでした


【緊急時Q&A】スマートキー(電子キー)が正常に働かないときの対処法(オートマチック車)

via: トヨタ お問い合わせ・よくあるご質問 | アフターサービスについて | 装備についてのご質問 | トヨタ自動車WEBサイト 


関連記事へ
昨日、部屋の蛍光灯が点かなくなってしまい何が原因か調べようと思って取扱説明書を読んでいたところ、リモコンの動作を確認する「ゑっ、ホントぉ :ga-n: 」な方法…
この投稿の短縮リンク: