Garmin 多牌ユーザー向けの機能です。

Ture-Up機能


ここでは写真の上部にある VSHR+ が優先アクティビティトラッカーとして設定されているのですが、ご覧のように他のデバイスでも Steps などのデータが同期されています。

優先アクティビティトラッカーとは

以前は、2 つ以上のデバイスを運用した場合、それぞれのデバイスで計測された アクティビティトラッキングデータの合計 が各々のデバイス内に表示されることはありませんでした。

今回 TureUp 機能追加によってどのデバイスを装着してもその日のデータの合計値がすべてのデバイスに表示されるようになったようです。

ただし、スマホ経由で同期されますので 3 台とか 4 台同期させようと思うとそれはそれで大変です、スマホに同時接続できるのは 2 台ですから(笑)

参考までに、同期中の fenix3 ではスクリーン上部に TureUp という表示が現れスクリーン円周をプログレスバー (サークルか?) がグルグルと回ります。。。撮影しようと思ったら終わってしまったので映像はナシ。235 だとスクリーン中央に Updating と表示されて円形のプログレスバーがクルクルと回転。

。。。個人的にはいらない機能かなぁ、着け替えたり、なにかやるたびに Updating という表示が現れグルグル回るのがちょっとわずらわしい。電源 ON で放置しておいたらバッテリーも消耗しますよね、たぶん。

それがイヤで Activity Tracking を OFF にしておいても、電源 OFF → ON するとなぜか Activity Tracking が ON になってるんですよねぇ。なんとなくですが、スマホで OFF にしないとダメな感じ(半信半疑)

追記:
先ほど、優先アクティビティトラッカーとして設定されている vivosmart HR+ のバッテリー残量が少なくなっていたので充電のため外し、代わりに FR235 を着けて小一時間走って戻ったところ、FR235 で取得したアクティビティトラッキングデータは Garmin Connect Mobile 経由でサーバー (Garmin Connect) にアップロードされ、その後、優先アクティビティトラッカーとして設定されている vivosmart HR+ に送られました (vivosmart HR+ にダウンロードされました = 同期されました)

ようするに、複数のデバイスを着けたり外したりしてもアクティビティトラッキングのデータは「ひとつのデータ」として処理されるようになったということですね。
デバイスを交換する際「スマホでアクティビティトラッカーの設定しなおさないといけないのか、めんどっちーなぁ」というのがなくなったわけです。

詳しくは DC Rainmaker さんでどうぞ。


TureUp 機能