「不便、使いづらい」とかに直接つながるわけではないのですが、Activity Profiles をカスタマイズできる (自分好みのプリセットを複数作ることができる) Fenix 3 を使ってしまうと「235 でも Activity Profiles のカスタマイズができればよかったのになぁ」と思います。

Activity Profile


参考までに上位機種に位置付けられている FR630Activity Profiles のカスタマイズができます。

FR630のManualより

FR630のManualより

。。。だけど、あちらには光学式心拍計は内蔵されていないぞ、と(笑)
。。。すべてひとつで済ますには Fenix3 HR になりますがロードの Run で使うにはちょいと重いぞ、と(私感・笑)


Activity Profiles

235 に用意されている Activity ProfilesRunRun IndoorBikeBike IndoorOther の 5 つ (下記写真、Profile ごとのカラー (色分け) はデフォルトから変更されています)

Run
Run Indoor
Bike
Bike Indoor
Other

カスタマイズできないので Run Activity Profile は基本的にひとつしかありません。
仮に Activity (トレーニング) によって計測データ項目、各種アラート、Auto Lap、Auto Pause、Auto Scroll、GPS、Power Save Timeout、Profile Color の構成を変えたいときには RunActivity ProfileActivity Settings をその都度変更するか、他の Activity Profile を代替で使用するかのどちらかになります。

前者は各種設定をボタン操作で変更する作業になり、そこに Connect IQ の Data Feilds アプリなども絡んでくると Setting には結構手間が掛かります。

そうなると Run 以外の Activity Profile を代替で使用して Run で使うデータ項目が表示されるようあらかじめプリセット的なものを作っておくという後者のやり方が無難ですが、アイコンが変えられない、リネームができないなど Activity の開始から気分的に乗らない始まりとなります。
たとえば Activity がロードを走るランニングで Run IndoorProfile を使うとなると「Indoor じゃないし」とか、BikeProfile だったら「Bike じゃないんだけど、アイコンぐらいどうにかならんかなぁ」とか(あくまでも私感です)

さらに Activity が終了したあと Garmin Connect にデータが自動アップロードされますが、仮に BikeActivity Profile を代替で使用した場合、個別の Activity ページを見に行くとランニングなのにアイコンが Bike、タイトルがサイクリングになります。

BikeのActivity Profileを使用した場合

Other の Profile を使用した場合はアイコンが「かかって来なさい」 ::-D: 、タイトルはその他です。

OtherのActivity Profileを使用した場合

タイトルは毎回トレーニング内容に書き換えているのでいいとして、アイコンを変更するには左上のドロップダウンリストから選択して変更しなければいけません。

Profileの事後変更ということです

Profileの事後変更ということです

これをやっておかないとランニングのみの走行距離合計を出したりする場合、ランニングの Profile を与えられていないものは除外されてしまうことになります。

スマホでも編集できるので「ヒマなときにやるわ」で片づけられる方はそれはそれで構いませんが、私自身、毎日体重のデータを入力するのも面倒という性分で、完成度の低い Index Smart Scale を買ってしまうぐらいですから手間がひとつふたつ増えただけでたいそう意気消沈です :down:

スマホで編集

スマホで編集

まだあります。
BikeActivity Profile では表示させたいデータ項目内に Pace Feilds を割り当てることができず、OtherActivity Profile では同様に Cadence Feilds を割り当てることができません。確認してみたところこれは Fenix 3 も一緒でした。

235 購入後しばらくして OtherActivity Profile で Connect IQ の Data Feilds アプリ「367RunFields (230/235) 」を使い Run 用のプリセットを作ろうと思って試走したところいつまで経ってもケイデンスが 0 から動かないことで気がつきました。

「ゑっ?壊れちゃった?」と思い、標準の Cadence データ項目に差し替えてみようとしたところ OtherActivity Profile では標準搭載の Cadence データ項目は表示できない仕様になっているようです。

もしかしたら Connect IQ アプリに Profile 固有の表示できないデータを補完してくれるものもありそうですが、個人的に「Data Screen 一面に多データ項目表示マニア :ase: 」なのでひとつのデータ項目表示に IQ アプリをひとつ使う気が起きません。


普段はロード主体だけどたまに山に行くときもある、Auto Lap アラートは 1km に設定したときもあれば 5km にしたい時もある、レースの時だけ各種アラートを設定したい、消費したカロリーをビール :beer: に換算してくれる IQ アプリでも見ながらたまにはのんびり走りたい、などなど、Run だけで考えてもいろいろプリセットを作っておくことができれば便利だと思うのですけどねぇ。まぁ、現時点で無いものは仕方なしなのですが。

630 とプラットフォームは一緒という話を Garmin Forum で見たことがありますし、235 と Sensor 類をペアリングする時にリネームできたりするのでそういった機能が 235 にもいちおう搭載はされています。

なので、せめて Activity Profile のアイコン変更とリネームができるようになったらいいな、なんて。

以上、Running しかやらない人間の個人的な想いでした。


Garmin Forerunner 235 に関する記事一覧です。
» Garmin Forerunner 235 浅いレビュー (1)~(15): 記事一覧