かつて Forerunner の上位機種*1 に搭載されていた「指定した位置で (通常スタート位置で) ラップが自動で測定できる Auto Lap by Position」という機能がいつの間にかすっかり姿を消してしまいましたね。

Auto Lap by Position

Auto Lap by Position


なぜ削除されたのか理由はわかりませんが、、、「手動で Lap ボタン押せばいいじゃん」ということなのでしょうか。

「ものぐさはやっぱり自動でしょ」ってことで connect IQ アプリで同じような機能を持ったものが配布されているので載せておきます。

*1 Forerunner 910xt、610 など。なぜか FR620 の日本語版 ForeAthlete 620J にはあったりします。

関連記事へ
go to this post
とっくにやっている人も多いと思いますが、同じ場所をグルグルとまわるレースで「何周目?」がわかるカスタム・ページを設定してみました。 タイトルに 6…


Auto Lap by Positionの機能が使えるconnect IQアプリ

Lap by Position

簡易版といった感じの Data Fields*2 アプリ (無料)

lap-by-position
Lap by Position – Connect IQ | Garmin 
対応デバイス:D2 Bravo, ForeAthlete 235J, ForeAthlete 920XTJ, Forerunner 230, Forerunner 235, Forerunner 630, Forerunner 920XT, fenix™ 3, fenix 3 HR

中央の数字が周回数、左半分は現在のラップのデータ、右半分は直前のラップのデータ。上からスピード(ペースに変更可)、距離、タイム。アラートは無し。Auto Lap-1km で設定している場合、1km ごとのアラートになってしまう。ゆえに簡易版。
Start ボタンを押したところが自動的にカウントされる (測定される) 位置になります。


MyCustom RunFields (630/230)

かつて標準機能であった Auto Lap by Position に近い Application*2 アプリ (機能制限を解除するのは有料)

mycustomrunfields
MyCustom RunFields (630/230) – Connect IQ | Garmin 
対応デバイス:ForeAthlete 235J, Forerunner 230, Forerunner 235, Forerunner 630
D2 Bravo, fēnix 3, fēnix 3 HRもありますが、別途購入が必要です。

設定した場所を通過した時にアラートあり、Garmin Connect のデータも「1 ラップ = 一周の距離」で表示されます。Auto Lap by Position が主たるアプリではないので付随した機能と思ってください。


*2 アプリの種類は以下の投稿をご覧ください。

関連記事へ
go to this post
connect IQ のアプリは大きく分けて 4 種 (Applications、Data Fields、Watch Faces、Widgets) ありますが「…


MyCustom RunFields (630/230)のLap by Positionを使ってみる

よくある周回コース

青丸のところでAuto Lap

青丸のところでAuto Lap

周回を重ねるとスタート地点を通過するごとに Auto Lap が働きます。MyCustom RunFields の場合、スタート地点から離れた場所を測定地点として設定しておくこともできます。

Auto Lap by Position = 位置によるAuto Lap

Auto Lap by Position = 位置によるAuto Lap

Garmin Connect 上の分割データには下図のように表示されます。

Garmin Connect上の分割データ

Garmin Connect上の分割データ

設定手順は

 ボタン長押し>Auto Lap

1. ボタン長押し > Auto Lap

AutoLap 1kmの設定時、Lap by Positionを使いたい場合は下のEnable Auto GPSに移動

2. 画像はAutoLap 1kmの設定時
Lap by Positionを使いたい場合は下のEnable Auto GPSに移動

Enable Auto GPSでStartボタンを押す

3. Enable Auto GPSを中央に表示してStartボタンを押す


一度Auto Lapのメニュー表示に戻る

4. 一度Auto Lapのメニュー表示に戻ってしまう

再びStartボタンを押すと押した場所が測定位置として設定される

5. 再びStartボタンを押すと押した場所が測定位置として設定される

GPS Lapが設定されている状態でアプリに戻ると設定済みの表示が出る

6. GPS Lapが設定されている状態でアプリに戻ると設定済みの表示が出る。アクティビティを開始すると表示は消える。


GPS Auto Lapを設定した場所から離れている場合はその距離が表示される

7. GPS Auto Lapを設定した場所から離れている場合は設定した地点までの距離が表示される。

半径設定のメニューもある

8. 半径設定のメニューもある


connect IQ  のサイトは、ビミョーにアップデートはされているものの相変わらずイマイチなので目的にあったアプリを探すのは意外と手間なのですが「こんなことできないのかな?」と思った時に (ヒマな時に ::-D: ) 覗いてみるといいかもです。

Garmin Forerunner 235 に関する記事一覧です。
» Garmin Forerunner 235 浅いレビュー (1)~(15): 記事一覧