先日、Fenix 3 HR (光学式心拍計内蔵モデル) の発表と同じタイミングで Fenix 3 の本体ソフトウェアが 6.50 にアップデートされ、ベータ版のほうは早々に 6.52 へとアップデートが進んでいます。

そのベータ版 SW6.52 のアップデート内容のなかに Added Intensity Minutes widget (Intensity Minutes ウィジェットの追加) という項目があるのですが、それがどういったものなのかよくわからなかったので調べてみました。

Intensity Minutes widget

Intensity Minutes widget


  • version 6.52 Beta の Change History には

    Added Intensity Minutes widget (Settings > Widgets). Note: requires a connection to a Heart Rate Strap to accrue Vigorous minutes.
    via: Garmin: fenix 3/tactix Bravo Updates & Downloads 

    と書かれています。要 心拍計です。

  • キーワード「garmin Intensity Minutes」 で検索したところトップで表示されたのは vivosmart HR のマニュアルでした。

    Intensity Minutes
    To improve your health, organizations such as the U.S. Centers for Disease Control and Prevention, the American Heart Association®, and the World Health Organization, recommend at least 150 minutes per week of moderate intensity activity, such as brisk walking, or 75 minutes per week of vigorous intensity activity, such as running.
    The device monitors your activity intensity and tracks your time spent participating in moderate to vigorous intensity activities. You can work toward achieving your weekly intensity minutes goal by participating in at least 10 consecutive minutes of moderate to vigorous intensity activities.
    via: vivosmart HR Owner’s Manual > Intensity Minutes 

    vivosmart HR というのは昨年 Garmin Index Smart Scale (Garmin の体組成計)と同時に発表され、本国ではすでに販売が開始されている光学式心拍計内蔵アクティビティトラッカーです。日本語版 vivosmart HR J は現在予約受付中、1 月 21 日発売開始となります。

    Garmin vivosmart HR J

  • いつのまにか Garmin Connect にも「強度 (分)」というメニューが追加されていました。

    Intensity Minutes はメニュー > 強度 (分)

    Intensity Minutes はメニュー > 強度 (分)

    Intensity Minutes

    最低10分以上の中強度または強強度アクティビティを行うとき、あなたは心臓に負担がかからないようにしています。そしてGarminデバイスがそれを追跡しています。 CDC(米国疾病対策センター)が推奨している週あたり150分の中強度アクティビティを目標にするか、または独自の目標を設定します。

    あいかわらず一部 訳がヘンですが、言っていることはなんとなくわかります。


とまぁ、心拍計必須ということなので Fenix 3 で一日を通して測定を行おうとすると Fenix 3 HR への買い替えが必要でしょうか(笑)
一日中、胸ストラップ心拍計を装着しているのはちょっと。。。ねぇ
もしくは ANT+ 接続ができる光学式心拍計デバイスとペアリングするとか。。。

Fenix 3 をどういったアクティビティに利用するのかにもよりますが、仮にランニング系のアクティビティで利用している場合、その目的が「自己ベスト更新」「さらなるレベルアップ」だったりすると (自分もですが)「中高強度の運動 150 分/週」は常にクリアできてしまうと思うので、ランニング中毒者 :ase: にはそもそも必要のない Widget と言えそうです。

なので、さっそく Hide (非表示) にしてしまいました ::-D:


。。。Fenix 3 の Intensity Minutes Widget は Hide にしましたが、Garmin Index Smart Scale を購入した流れで、上で書いた今月 21 日発売開始の Garmin vivosmart HR J をフラフラと注文してしまったので :ase: Intensity Minutes はそっちのデバイスで運用しようかと思っています(そういうことかっ)

それとは別に ANT+ 接続を利用して Fenix 3 と果たして Broadcasting できるでしょうか (vivosmart HR を Fenix 3 の心拍計として使うことができるでしょうか)

vivosmart HR J 購入の本来の目的はここで書いている Intensity Minutes の測定ではなくて(苦笑) アクティビティトラッカーとしての使用と Broadcasting Heart Rate Data 機能を利用することなのでちゃんとペアリングできるのかどうか気になるところです。

vivosmart HR Owner’s Manual > Broadcasting Heart Rate Data to Garmin Devices 

いままで Garmin デバイスをいろいろ購入してきましたが、今回初めて J の付くやつ (日本語版) を買いました。。。SW アップデートの遅さに悶絶しちゃうかなぁ、どうだろう

そのうちレビューを載せます。

関連記事へ
go to this post
Forerunner 630、235、230 よりもこれのほうが欲しいかも。 Garmin Index Smart Scale お値段は …


英語版 Fenix 3 に関する記事一覧です。
» Garmin Fenix 3 浅いレビュー (1)~(43): 記事一覧