GPS ランニングウォッチを使っている方は日々ランデータが溜まっていくと思いますが、そのなかのお気に入りのデータ (たとえば PB が出たレースのデータなど) をビジュアライズしてくれる iOS アプリなんてのがあるんですね。

四万十川ウルトラ (GarminのGPXなのでタイム、距離はおよそ。数値はアプリ内で編集可能です)

四万十川ウルトラマラソン
GarminのGPXなのでタイム・距離はおよそ。数値はアプリ内で編集可能です。


RunGraph

RunGraph – ランニンググラフィックジェネレーター 1.0.1 (無料)App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
販売元: FRONTAGE INC.(サイズ: 34.2 MB)
全てのバージョンの評価: 4.5(28件の評価)

上記のデザイン は一例です。全 16 種 (うち 2 つは Lock が掛かっています)
上に貼り付けた画像はシェア・保存メニューのなかのひとつ「フォトライブラリに保存」でエクスポートしたものです。
メニューには他に FacebookTwitterInstagramLINE で送るE メールで送るその他アプリへ共有、があります。

あと、実際はこちらのほうがこのアプリのメインなんだと思いますが「T シャツを作る」というメニューも備わっています。

メニュー内では、色 (4 色) や素材 (コットンタイプもしくはドライタイプ)、テキストの位置変更を行うことができるようです。

価格は 3,980 円(税別)、配送料 500 円(税別・2枚以上注文で無料) だそう。

Tシャツを作る

詳しくはこちらでご確認ください。

ちなみに GPS ランニングウォッチがなくても、このアプリ自体でランデータを取得し、T シャツを作ったり、シェアしたりすることもできます。
それも含めアプリの概要は動画を観てしまうのが手っ取り早いと思います。

RunGraph – Running graphic generator (Japanese) from WOW inc on Vimeo.


GPXファイルの取得 – Garmin Connectの場合

  • モダン表示

    右上角のギアアイコンをクリック。
    右上角のギアアイコンをクリック

    GPXにエクスポートをクリック。
    GPXにエクスポートをクリック

  • クラッシック表示

    エクスポートをクリック → GPX ファイル をクリック
    クラッシック表示のGPXファイルエクスポート


ビジュアル的にはアップダウンの激しいトレランやひたすら登り続けるヒルクライム系がいいのかなぁ。。。

昨年夏、旅行で洞爺湖に行った時にひとりで走った :ase: 洞爺湖マラソンのコースなんてどう?

ひとり洞爺湖ラン

ひとり洞爺湖ラン


エクスポートした画像はレース参戦のブログ記事を書くときの挿絵としても使えそうですね。
たぶん次回使うでしょう ::-D:

。。。自己ベストが出た時には作ってみますか、T シャツ。
もう二度と出んかもしれんけど :ase: