休んでいる場合じゃないだろ?10 月下旬は四万十川 100km だろ?
というわけで先週、移動距離もトレーニングのうちとばかりに涼を求め北海道の洞爺湖まで行って合宿もどきしてきました。

洞爺湖


最初に走ったハナシを持ってくると暑苦しいのでまずは泊まったところからイキマス。
すっかりランニングのブログになってしまったので何を書いていいのやら。。。


ザ・レイクビュー TOYA 乃の風リゾート

概要

北海道の洞爺湖湖畔にあるホテル。総部屋数 166 室。
2014 年 10 月 9 日オープン。全室レイクビューに加え、展望露天風呂やロビーなどからも洞爺湖を一望できる。

ザ・レイクビュー TOYA 乃の風リゾート

到着してから気づいたのですが今回利用したこのホテル、実は 20 年ぐらい前に仕事で立ち寄ったことがありました。気づくの遅すぎ :ase:

その時は「洞爺湖パークホテル 天翔」という名のホテルで、調べてみたところ、2012 年、カラカミ観光(株)から野口観光(株)へ譲渡、リノベーションされて「ザ・レイクビュー TOYA 乃の風リゾート」となったようです。

» カラカミ観光 – Wikipedia

え~と、20 年前の記憶は残っていません。
、、、唯一思い出せるのは、当時屋上は露天風呂じゃなくてプールだったような気がします。
(現在、屋上は「パノラマ露天 TENQOO」となっています)


利用した客室

合宿のモチベーションを維持するためには風呂、ビール、風呂、ビール、、、というわけで「乃の風倶楽部 展望風呂付き」という部屋に泊まりました。
下記は公式サイトの「乃の風倶楽部」客室詳細ページ。


「展望風呂付き」というのは、上記のリンク先に載ってる「和洋室」の一角が展望風呂になっているという部屋です。

これは「和洋室」展望風呂付きは赤枠のエリアが風呂になっている

これは「和洋室」展望風呂付きは赤枠のエリアが風呂になっている
(公式サイトの写真を加工させていただきました)

展望風呂付きと和洋室の見取り図を比較 (拡大可)-公式サイトPDFより

展望風呂付きと和洋室の見取り図を比較 – 拡大可
(公式サイトのPDFを加工させていただきました)


「展望風呂付き」には浴槽のほかにもれなくヘルスメーターも付いていまして「合宿なんだから体重管理もしっかりやれよ!!」という仕様でした。置いてあるとついつい載っちゃって悶絶するんですよねぇ、これが。
まぁ、太ったら走ればいいので気は楽ですが(笑)

実際はフローリング部分にカーペットが敷かれていた

実際はフローリング部分にカーペットが敷かれていた(写真は公式サイトより)

公式サイトの写真を見るとご覧のように「展望風呂付き – 和洋室タイプ」は琉球畳以外の場所はフローリングなのですが、泊まった「和洋室タイプ」はフローリング部分にカーペットが敷き詰められていて部屋の雰囲気がちょっとモッサリとした感じになっていました。個人的にはカーペットなんてないほうがいいと思います。

あと、壁ぎわの床が場所によってきしむのはリノベーションされたホテルだから仕方がないのかな。できれば聞きたくない音なので壁ぎわを歩かないようにしました。

:::
部屋の展望風呂は広くて眺めもいいです。

客室に付いている展望風呂

欲を言えば、風情という点でアルミサッシの室内側がアルミじゃなかったらよかったかなぁ。
と、オッサンあれこれうるさすぎ?(^_^;)

まっ、眺めはいいし、ラン後の温泉を部屋で楽しめたし、いろいろな色の洞爺湖も見られたからヨシとします。

< 洞爺湖三色 >

8:33AM

6:24AM

3 枚目は夕日じゃなくて朝日です。4:30AM
非常識な時間にスタートするウルトラマラソンの朝って感じ? :run:




食事

レストラン (お食事処) は 4 つ。

  • レイクビューブッフェレストラン 波の音Official Site
  • 和風フレンチレストラン 風の音 (KAZA☆NO☆OTO) → Official Site
  • 個室お食事処 乃の風茶寮Official Site
  • ペットレストラン ウィズ → Official Site

レストランは4つ

ペットレストラン ウィズはペットと一緒に夕食を楽しめるというレストランなので実質 3 つでしょうか。

波の音 は朝食で利用しましたが、天井が体育館並に高く、片面総ガラス張り、光が回まわる空間となっていて食事していても気持ちいいです。用意されている料理も多種多様でいいのではないでしょうか。

風の音波の音の上部に位置していて、ロビー (この投稿2枚目の写真)波の音を見下ろせる場所にあります。途中、お刺身そのものが出てきたときには「てっ?」と思いましたが、お刺身大好きなので大歓迎、不満はありません。

乃の風茶寮 は「個室で和食」のレストラン。上の二箇所が広い空間なのに対し、乃の風茶寮の個室は四方が壁に囲まれているのでわりと閉塞感があります。入口近くの部屋だと同じフロアにあるゲームセンターの音が聞こえてきて乃の風茶寮というよりはゲームセンターの音と改名したほうがいい?
料理に不満はありませんでしたが、外から中が見えないつくりの個室なので料理を出すタイミングはイマイチでした。私ら、しこたま飲みながら食べるのでやたらと食べるのが遅く、合わせるほうもタイヘンなんだけれども。
デザートの前、食事の最後に出てくるご飯 (ゆめぴりか)、炊き方がじょうずで美味しいです。カーボローディングに心配なし ::-D:

» ゆめぴりか – Wikipedia


そんなこんなで夏休みの環境はバッチリ。
あっ、そうそう、ここはアルコール (シャンパンやワインなど) の持ち込みはできません。
すぐ近くに醸造所がある「月浦ワイン」がおいしいよ。リストに載っている北海道のワインで一番高いですが。。。

& ここはおととしの夏に失敗したニドムよりはるかに良いよ。

対岸回ってもどってくるとフルマラソン、待ってろよ対岸(^_^;)

対岸回ってもどってくるとフルマラソン、待ってろよ対岸(^_^;)

。。。ランニング編 につづく