先日の連休、いぶすき菜の花マラソンに参戦してきました。

ネットで読んでいたほど私のまわりにマナー違反の人はいなかったです

ネットで読んでいたほど私のまわりにマナー違反の人はいなかったです


いぶすき菜の花マラソン

ぐるっと一周というコースは足跡を見たとき気持ちいいですね

ぐるっと一周というコースは足跡を見たとき気持ちいいですね

ネットで得ていた情報は

  1. 私設エイドが次々にやってくる :eat:
  2. 走る前もしくは走ったあと、フルコースが付いてくる
    「うどん or そば、おにぎり (2 個)、ぜんざい、さつまいも (3 個)」
  3. 食べ物以外にもいろいろあるのに参加料が安い。5,000 円
  4. コースはアップダウンが多い
  5. 応援が途切れない
  6. 制限時間 8 時間という大会なので歩く人が多い

などなど。
どれもその通りでした。


いいところと特徴

1.2. で正直「もうお腹はイッパイです :ase: 」エイドで饗されるものはバラエティーに富んでいてほんとスゴイなと思いました。

3. は、食べ物以外にも、受付時や大会当日会場内でいろいろなものが配られていたり、T シャツをもらっているにも関わらずゴール後はフィニッシャータオルを肩にかけてくれる (タオルがもらえる) など 5,000 円の元は十分取れている気がしました。人気の秘密はこの「元が取れる」といったあたりかも。

4. は確かに坂が多いですね、上がったり下がったり。体感的には次々にやってくる感じがしました。

5. 応援はいままで参加した大会では一番多かったかなぁ。元気が出ますよね。宮﨑の青島太平洋マラソンも多かったですが。

6. の「歩く人が多い」というのは私の周りにはほとんどいませんでしたが、後方スタートの「となりの人」の周りには結構いたそうです。


よくないと思ったところ

といったように、個人的には全体を通していい大会だなと思いましたが、事前の案内が不親切なところが多々あり改善してもらいたいと思いました。

特に更衣室。この大会、更衣室というものがありません。にも関わらず、事前に送られてくるハガキ (事前に送られてくるものはハガキ 1 枚) や受付時にもらった書類に「更衣室はありません」という記載は一切なく、男性はいいとして (よくないか :ase: ) 女性は面食らいますよね。

幸い私たちは泊まっているところで着替えてから会場に向かいましたのでセーフでしたが、会場で着替える方も少なくないはずなのでみなさんどうしていたのだろうかと。。。

大会当日は受付会場が荷物置場及び着替え場所となるのですが、「花見のような場所取りが横行し、失礼、行われ、確実に人でごった返している」と思ったので私たちはもうひとつ荷物置き場として記載されていた「サンシティホールいぶすき」という建物に向かいました。

サンシティホールいぶすき

サンシティホールいぶすき

が、ここでいきなり アウェーの洗礼がっ!!

「サンシティホールいぶすき」 ホールという名からいわゆるこじんまりした公会堂のようなものを勝手に想像していたのですが、行ってみたら野球の室内練習場のような建造物で当然下は土 :ga-n:

「どうすんだ、荷物地面に直置きか、走ったあとどうやって着替えるよ ::(: なんかない?下に敷くもの。。。あるある、アシックスの防寒用ポンチョ!! 切っちゃおうよ :nikoniko: ゑゑゑ~ :8O:

んなわけで、気分は朝から地べたに土下座させられた感じであります(-_-;)

でも、この「サンシティホールいぶすき」 いいところもあって、下が土という環境からか人口密度が極端に低く、「いままでこんなに空いているマラソン大会の荷物置き場見たことな~い」状態なので敷くものさえ持っていれば百万石の大名も夢ではありません( ̄^ ̄)

おまけに室内にトイレもありますので待ち時間も寒くなく (女性用はほとんど待ち時間なしで稼働していました)、その気になれば走ったあとアタマを洗えるキャンプ場にあるような水場もあります。私はその気になって走り終わったあとアタマを洗いました(笑)

下が土で湿気があるからなのか、屋外から建物に入ると暖かく感じられ、下に敷くシートさえ持っていれば「サンシティホールいぶすき」 は、にわか百万石大名になれる激しくオススメの荷物置き場 & 着替え場所です。

ホント、マラソン大会にピクニックシートは必携アイテムですね。
忘れないようにしないと。。。


指宿総合体育館前はRayavadee

指宿総合体育館前

指宿総合体育館前

Rayavadee

Rayavadee

なんとなく似てない?(^_^;)

» ラヤバディの写真集 ::: 東南アジアのリゾートホテル写真集 | Beach Resort Photoclip


まぁ、そんなこんなで今回も 42.195km を楽しむことができました。
ん?タイム? 坂があるということで目標は 3 時間 40 分切りでしたがチョイ切れませんでした。

エイドがいっぱいあると「あぁ、ぐるじいぃ~、走るのやめたいぃ~」と思ったときついつい止まってしまいますね。弱い自分になかなか勝つことができません。


長くなってしまったので「悠離庵と指宿のたまて箱」は次の投稿で。