早いものでデータ消失事故から約一ヶ月、先週末ファーストサーバから大規模障害に対する損害賠償についての書類が数枚送られてきました。


そこに書かれている賠償内容 (賠償金額) は、現在契約しているコース変更時 (昨年 3 月) から今年 6 月まで支払った利用代金 + サービス安定稼働に要する 2 ヶ月分の利用代金 (今年 7、8 月) を返金するというものでした。

私の場合、WEB サイトが商売に直結しているわけではなく失ったものは「デジタルデータ」なので良くて今年度分 (3 ~ 6 月まで) かなと思っていましたが、コース変更時までさかのぼって賠償してくれるというのは「また、いつなんどきデータ消失しちゃうかわからないから、返金された賠償金で外付け HDD を複数台買って、バックアップのバックアップまでしっかりやっておくことを推奨します」ということなのでしょうかね。

。。。そんなふうに考えないとやってられない約一ヶ月でありました。

とはいうものの、「どーして、完璧バックアップ態勢を配備しておかなかったかなぁ。。。 ::(: 」という「オレってダメだな的自分」もいたりして、学ぶことも非常に多かった一ヶ月でもありました。

今回のデータ消失事故も含め、世のなか「ゑゑゑ~っ、そんなことありえんだろっ!!」ということが起こるときがあるんですよね、くわばらくわばら。


転ばぬ先のバックアップ、サーバも自分のパソコンも今すぐやったほうがいいですよ & 今だけやってもダメですよ(自分に)


この投稿の短縮リンク: