街に置いていったレンタカーは雪に埋もれた

街に置いていったレンタカーは雪に埋もれた

豪雪だった日本のウブド :ase: をそれなりに楽しみ、宿の送迎バスでレンタカーを放置してきた街の駐車場まで下りてきましたらクルマはご覧のようなありさま。

温泉に入りつつ翌朝のチェーン装着を100%覚悟していましたが道路に積もった雪はすでに溶け始めていて駐車場から出られればどうにかなりそうなのでホッとしました。
山の上よりも早く雪がやんだのかもしれませんね。

早めに帰りたかったのですが、佐世保まで来て一度も食べたことのない 「佐世保バーガー」 を食べずして帰ることもなかろうとレンタカーを返却するまえに 「ヒカリ」 というハンバーガーショップに立ち寄ってみました。

「ヒカリ」「LOG KIT」:佐世保バーガー

「ヒカリ」「LOG KIT」:佐世保バーガー

11:00すぎに到着してしまったのでちょっと早すぎちゃったかなぁと思いつつ店頭に目をやるとすでに人が並んでいます。これにはちょっとビックリ。
注文してから出来上がるまで15~20分ほど掛かるので時間に余裕を持って行きましょう(「ヒカリ」の場合)
味はというと。。。おいしいハンバーガーでした。
他のお店の味を知らないので佐世保バーガーに精通した方の見解を聞いてみたいところです。

あと、行ってわかりましたが(あくまでも個人的推察 :ase:佐世保にあるハンバーガーショップの数からすると佐世保の方はラーメンを食べるかのごとくハンバーガーを食べられているのではないかと思いました。
きっとみなさんお気に入りのお店があるのでしょうね。

街中も前日に降った雪で足元が悪そうなので迷うことなくレンタカーを返して佐世保駅に直行。
切符を買って列車が来るまで土産物屋なんぞをプラプラしていましたら

四海楼の冷凍ちゃんぽん

四海楼の冷凍ちゃんぽん

こいつに 「買って :hoxtu: 」 と訴えかけられてしまい滅多に買うことがない 「土産物」 を買ってしまいました。

後日食べてみましたら、冷凍ですがこれがなかなか美味しい。具材もいっしょに冷凍されているのでそのまま鍋に投入し3分煮込んで出来上がり。お値段ちょっと高めですが悪くないと思いました。

唯一困ったことと言えば、冷凍ものの麺類を食べたことがある方はわかると思うのですが、出来上がったとき麺がものすごく熱くてなかなか冷えないんですよね。特にこの 「四海楼の冷凍ちゃんぽん」 の麺は熱がさめにくいようで最後までひたすら熱い !!
それに対してスープや具は徐々に冷めていくのでその時間差にどう折り合いをつけるか、そのあたりがおいしく食べるポイントでしょう(笑)



創業明治32年 長崎ちゃんぽん発祥の店「四海楼」が贈る【具材入りちゃんぽん(冷凍)】 

以上で長崎の旅は終了です :aisatsu:

この投稿の短縮リンク: