Picasa でエクスポートした Dfgallery1.0 用のサムネイル画像からドロップシャドウを取り去る方法を追記しておきます。

デフォルトはサムネイルにドロップシャドウが付く

ドロップシャドウを取り去ることで得られるメリットというと。。。

底辺にある四角いサムネイルの上と左にある余白が無くなることとほんの少しだけサムネイルが大きくなることでしょうか ::-D: ついでなのでサムネイルにマウスオーバーしたときにポップアップするサムネイルのサイズを変更する方法も載せておきます。

サムネイルからドロップシャドウを取り去るには

  1. ダウンロードしていただいたテンプレート内にある index.tpl というファイルをテキストエディタ等で開きます。テンプレート 『 dfGallery-xml-template.zip 』 をダウンロードする

    index.tpl を開く

    すでに Picasa の templates フォルダにインストールしてある場合は
    [ コンピュータ ]→[ C ]→[ Program Files ]→[ Google ]→[ Picasa3 ]→[ web ]→
    [ templates ]→[ dfGallery-xml-template ] にアプローチしてください。

  2. 4 行目あたりから始まる
    define imageWidth 600
    define imageHeight 600
    
    define thumbnailWidth 75
    define thumbnailHeight 75

    の部分に

    define imageWidth 600
    define imageHeight 600
    define shadowedThumbnails 0
    define thumbnailWidth 75
    define thumbnailHeight 75

    青字の define shadowedThumbnails 0 を追加して保存して下さい。
    これでサムネイルからドロップシャドウを取り去ることができます。

マウスオーバーで表示される「拡大サムネイル」のサイズを変更する

これは Picasa でエクスポートするサムネイルのサイズを変更するということです。

  1. デフォルトでは長辺が 75px でエクスポートされるようにしています。
    そのサイズを変更したい場合は 7 行目あたりから始まる
    define thumbnailWidth 75
    define thumbnailHeight 75

    の 75 のところをエクスポートしたい数値(ピクセル)にすればサイズ変更できます。
    たとえば長辺を 150px にしたい場合は

    define thumbnailWidth 150
    define thumbnailHeight 150

    となります。

今回は意外と簡単でしたね。もしかしてもの足りませんか ::-D:

Picasa の HTML テンプレート関連の扱い方は Picasa に同梱されていまして templates フォルダのひとつ上の階層にある documentation というフォルダがそれです。中に index.html というファイルがありますのでそれを開くとブラウザが立ち上がり The Picasa Web Templating System を読むことが出来ます。参考にしてください。

この投稿の短縮リンク: