本来硬調のフィルムを専用の軟調現像液で現像することにより35mmで4×5と同等の粒状性を得られるという、当時個人的に見事にハマったテクニカルパンフィルムで撮影した作品。

この投稿の短縮リンク: