ユニ坊主」に反応していた坊主はちょっとだけ青年になり
歳とともに欲しいノベルティの傾向も徐々に変わっていきました。

TANGRAM

これだけ見ると単なる金属片でしかありませんが


TANGRAM

金属片はプラスチックでできた長方形のケースにピッタリ収まり
小さな冊子と共にシャレたケースに入った姿で青年のココロを大いに揺さぶったのであります。

TANGRAM (タングラム)

金属片を問題のとおりに組み合わせるパズルこれは30年以上前に、資生堂の男性用化粧品「タクティクス (TACTICS)」のコロンに付いていたおまけで、一緒にケースに収まっている冊子の中は問題集になっており、その問題集内に載っているシルエットと同じカタチになるように金属片を組み合わせるという至って単純なパズルです。問題は200以上載っていまして、そのシルエットのほとんどは人、動物、数字、アルファベット、身近にあるモノを思い起こさせるカタチになっています。
何かを連想させるようなシルエットになっている実際にやってみるとなかなかどうして同じカタチになりません。問題集を開いてみたらその当時解けたシルエットにチェックを入れていたようでチェックの数を数えてみたところ200チョイある設問で解けていたのは34問でした。
この中途半端加減が実に私っぽくて思わず苦笑、人間は変われそうでなかなか変われませんね :ase:
冊子内にある「遊び方」の文末には
「解答集は7月下旬に、本品をお受け取りのタクティクスコーナーでお渡しいたします。」
との一文がありますが、あいにく解答集は発掘できていません。。。

きっと、このノベルティを手に入れたことで物欲は満たされ
解答集はもらいに行かなかったのでしょう。全問解けるのはいつの日か?

ではみなさん、すてきな連休を !!
ちなみに私は今年は国内であります。のんびり 「TANGRAM」 でもやるとしますか(笑)

この投稿の短縮リンク: