通常「ささがき」もしくは「せん切り」ですね。私もそうです。
「ささがき」は鉛筆を削るような要領でうすくそぎ落としていく切り方です。
あらかじめ縦方向に十字に切れ目を入れておくと時間が短縮できます。
では「せん切りは」どうやって切りますか?

  1. 私はこういう角度で
  2. 1

  3. こう切って
  4. 2

  5. こう切って
  6. 3

  7. こうします。


じつはこの斜めに切るという方法、つい最近知りました :ase:
なんでも、ごぼうの中の縦に走る繊維を斜めに切るため食感と味の染みこみが良くなると言うのでやってみたところ

ほんとだぁ :up:

きんぴらごぼう完成

きんぴらごぼう完成

「ささがき」も斜めに切るという点では考え方は一緒ですが、「斜めせん切り」はできあがりの見た目もいいし、食感も別物。細く切れば上品な食感になりますし、太めに切ればしっかりした歯ごたえが得られます。
味の染みこみがいいので細めに切った時には、普通より薄味のほうがいいみたい。
。。。普通に縦に切るせん切りとは、まったく別物だなぁ。

手間は掛かりますが、こりゃなかなかいいわ :thumb-up:

_/_/_/_/_/ おまけ _/_/_/_/_/
「立ってるものは :cat: でも使え」

完成写真はどんな感じで撮影しているかというと、奥に窓があり、そこから入ってくる光を右側に立っている白いボードに反射させています。
黒いパーマセルがご覧いただけるでしょうか。
ここではランチョンマットの表面にシワがはいらないようにテープで四隅を軽く引っ張っています。

この前、飼った :cat: に右の白いレフ板を持ってもらいました(笑) ちなみに白いボードはカレンダーが入っていた箱。

撮影ではそのへんにあるものが結構役に立ったりします。

では、楽しい週末を!

この投稿の短縮リンク: