キッチンの引き出しを整理していたら
片手ナベを買ったときに付いていた「Cooking Book」が出てきました。
人生、キッチンに限らず、整理すると(掃除すると)いろいろなモノが出てきますですね。
そういうのは整理じゃなくて清算って言うのか、、、
さらにそういう場合は「モノ」じゃなくて「ボロ」もしくは「サビ」が出てくるんですよね ::-D: あははは

で、整理の手を休め、パラパラめくっていましたら、なんと「ペペロンチーノ」が載っていました。

付録で付いていたペペロンチーノのレシピ

。。。作り方がまったく違う ::-D:

でも、こういう「ペペロンチーノ」のほうが一般的ですね。
こういうと言うのは、炒めた(フライパンを傾け、隅っこにオリーブオイルとニンニクを集合させ揚げているような状態でエキス抽出した)薄切りニンニクを上にのせる(もしくは混ぜる)という調理手順です。

私の脳内では、あらかじめガーリック・オリーブオイルを作っておいて、そのオイルを使ってこのレシピで作った方が、さらに美味しくなるような気がします。

ただ、赤字の
*直ぐにソースとあえない時は、バターかオリーブ油を少量からめておくと、めんがくっつきにくくなります
、、、これはやめたほうがいいかと :down:

さて、上の写真の両端に写っている「パーマセルテープ・黒」(わざと入れたのですが :ase:
夜間、サッと複写したいときなど、テーブル(もしくは床)などに置いて撮影すると、天井にある照明が主光源になるため自分の影が複写物にかかってしまします。
もしくは印刷面に照明が反射してしまってちゃんと写らない。
(状況としてはこっちのほうが多いかも)
複写の基本は正面から撮るというのが鉄則なので簡単そうで難しいんです。

そういうときには !!
パーマセルテープで冷蔵庫の扉などに印刷物をペチャっと貼って撮影しましょう。
セロテープじゃ、こうはいかないですね。

垂直面は光がそこそこ回っているし天井にある照明の映り込みもない、おまけに立ったまま正面から撮れるので前屈み(前かがみ)になる必要が無く、腰痛持ちの方にもやさしいし手ブレも少ない撮影方法であります。

また、機会があったらパーマセルテープの活用法を投稿しま~す。

この投稿の短縮リンク: